MAP-2100

リモート BER テスト用のラックマウント型テスター

データセンター間または局/ヘッドエンドを接続するネットワークリンクの伝送品質のリモートテストに唯一必要とされるツール

MAP-2100

 データセンターに格納されているデータの整合性を確保することはきわめて重要です。 大半のデータセンター事業者は、高性能ネットワークリンクを介して別のデータセンターにデータをバックアップするほどです。こうした接続の性能の維持と SLA 検証のため、データセンターは100G或いはそれを超えるイーサネット回線ばかりでなく、OTN や CWDM、DWDM 回線でもビットエラーレート (BER) テストを頻繁に実施する必要があります。問題は、多くのデータセンターについて、接続品質を確保するテストを実施するエンジニアがいたとしても、その人数は非常に少数ということです。

MAP 2100 は、データセンター事業者が無人データセンターで高性能ビットエラーレートテストを確実に実施できるようにすることを意図しています。


MAP-2100


主な使用事例

  • オフィス間 (データセンターを相互接続)
    • シナリオ:サイト間のネットワークをテストする必要があるが、どちらのサイトにも
    • ハンドヘルド 型テスターを使用してテストを実施するエンジニアがいない。
    • 解決策:両方のサイト MAP-2100 を導入。セキュアな通信を使ってリモートテストを実施。
    • 最大 256 ビットの暗号化
    • SSH (ポート--) で管理接続のすべてを転送することによるセキュリティ強化
  • エンジニアとオフィス間
    • シナリオ:サイト 2 カ所。ただし、ポータブルテスターがあり、エンジニアがいるのは一方のサイトだけ。通常、エンジニア 2 人の体制。
    • テスト
    • 解決策:一方のサイトでボータブル MTS-5800 を 1 台使用し、もう一方のサイトではラックマウントした MAP-2100 でテスト。
    • テストに必要なエンジニアは 1 人。経費と工数の節減。
    • テスターの一方は Smart Access Anywhere を使用してもう一方のテスターから制御可能。
  • 海底
    • シナリオ:テレストリアル、ドライ、ウェット型が混在する複数のプラント。ネットワークがフルに性能を発揮していることを確認するにはプラント間テストを実施することが必要。
    • 解決策:複数サイトに MAP-2100 装置を導入することで、エンジニアの介入を最低限にしながら効率的で高容量のテストを実施可能。
  • ソフトウェアベースのテストと測定 (Fusion)
    • シナリオ:物理回線と仮想回線が混在する「ハイブリッド」ネットワークにポータブル、ラックマウント、仮想の 3 種類の複数のテストポイントがあり、これらすべてを一カ所から Northbound Netconf/YANG インターフェイス経由でそれらを制御する必要がある。
    • 解決策:VIAVI Fusion により、LMAP 準拠のアーキテクチャ経由で物理および仮想両方の複数テストポイントに標準の BERT および性能監視 (TWAMP) を実施。

特長:

  • ラックマウント設計と遠隔管理機能により遠隔無人テスト用に最適化
  • イーサネットテスト、1G~100G ラインレート (10G、25G、40G、100G)
  • イーサネット、OTN、SONET/SDH、PDH、32G までの光ファイバーチャネル、CPRI などのプロトコルの完全サポート

アプリケーション:

  • データセンター間または局/ヘッドエンドを接続するネットワークリンクの伝送品質のリモートテスト
  • データセンターおよびコア/メトロネットワークの 10Mbps~100G インターフェイスでのイーサネット/IP ネットワークテストとトラブルシューティングの統合
  • OTN ネットワークおよび従来型 SONET/SDH、DSx/PDH ネットワークの敷設とメンテナンス

主な機能:

  • ラックマウント、1U 19 インチ幅、21 インチ用キットもあり
  • ナノ秒精度のレイテンシー測定をはじめとする、業界最速の RFC 2544 および Y.1564 SAMComplete™ イーサネットサービスアクティベーションテスト。RFC 6349 TrueSpeed にも対応
  • フィールド用途に最適化された光セルフテストによる SFP+/SFP28、QSFP+/QSFP28 と CFP4 モジュールのエラーフリー運用
  • OTN チェックワークフロー自動化スクリプトによる OTN サービスアクティベーションテスト
  • 内蔵 GNSS による同期テストとタイミングテスト
  • 最大 32G ファイバーチャネル
  • SONET SDH/PDH
  • 内蔵 GNSS によるイーサネット単方向遅延

Part of The VIAVI Remote PHY Solution

This product is part of the comprehensive VIAVI Remote PHY turn-up and maintenance solution enabling seamless transitions from legacy to distributed access architectures.

まずはスタート

製品デモに興味がおありですか? 詳細、価格のお見積り、ご購入方法についてお問い合わせください。