OSAモジュール:MTS-8000プラットホーム用インサービス(活線)Pol-Mux OSCA-710

初のインサービス Pol-Mux 光スペクトラムアナライザ。

高速ネットワークの性能を最適化するための初の活線用インインバンドOSNRテストソリューション

VIAVIのPol-Mux OSCA-710は、光のチャネルを停止することなく、すなわち活線で、偏波多重伝送フォーマットを用いたROADMベースの高速なDWDMネットワークのインバンドOSNRを測定する初のスペクトラムアナライザです。このモジュールには、VIAVIが独自に開発した斬新なスペクトラル相関測定法(VIAVI特許)が採用されており、超高分解能のコヒーレントレシーバーと組み合わせることで、信号の振幅や周波数、位相、偏波特性を完全に評価することができます。

特長

  • 40G、100G、200G、400Gトラフィックの特性評価と診断をネットワークや個別チャネルを停止せずに実施
  • 偏波多重信号のインバンドOSNRを活線で測定できる初の測定器
  • チャネル単位で波長分散(CD)を活線で測定できる初の測定器
  • 従来の通信に加え将来の変調および光スペクトラム管理方式もサポート

アプリケーション

  • ROADM有りまたは無しのコアおよびメトロDWDMネットワークの敷設と試運転、メインテナンス
  • 海底通信リンクのテスト
  • コヒーレント検出機能を利用したあらゆる光ファイバーリンクの適格性評価

主要機能

  • 偏波多重信号をはじめとする、 あらゆる種類のデータレートおよび変調方式に対するパワー、波長、インバンドOSNRの測定
  • 100、200、400Gシステムで使用されるPM-BPSK、PM-QPSK、PM-xQAM変調フォーマットをサポート
  • 高波長分散(CD)および偏波モード分散(PMD)対応
  • ​​活線下においてチャネル単位でのCD測定 
  • Nyquistおよびスーパーチャンネル用超高分解能帯域幅を持つコヒーレントOSAデザイン
  • 混在するトラフィックパイプ内の信号種別(データレート)を自動的に識別するWDM-Expertソフトウェア

まずはスタート

製品デモに興味がおありですか? 詳細、価格のお見積り、ご購入方法についてお問い合わせください。