ONT 10G モジュールE
現在地

ONT 10G モジュールE

複数の波長でOTN/LAN/WAN/SDH/SONET/FCをテストするために必要な機能をすべて備え、R&DやSVTの実験室でニーズに応えます。
This product has been discontinued.
September 2019

概要

VIAVI ONTプラットフォームのモジュールEは、複数の波長でOTN/LAN/WAN/SDH/SONET/FCをテストするために必要な機能をすべて備え、R&DやSVTの実験室のニーズに応えます。

利点

  • オールインワン型ソリューション;155 Mbps~11.1 Gbpsまでの物理レイヤーからレイヤー3までを徹底的にテスト
  • より詳細により深くOTN、イーサネット、SDH/ SONETプロトコルに対応:
    • OTN OTU1/2/2e/1e (ODUマルチチャネル、OTN多重化、ODU0、ODUflexサポート)
    • LAN/WAN (256フロー、複数のタグ、IP、QoS、フローごとのBERT対応)
    • SDH/SONET (マルチチャネルとVCatに対応)
  • すべてのサポート対象レイヤーで完全に構造化されたテストシグナルを使用することによるCapExを削減
  • 複雑なトラフィックの生成、詳細な分析、高度なエラー/アラーム挿入により、最適なシステムパフォーマンスを確保
  • 終端モード、Intrusiveスルーモード、Nonintrusiveスルーモードなどの多様な接続モードであらゆるテストに完全対応
  • ITU標準に準拠したEthernet(SyncE)、OTN、OTL、SDH/SONET、10 G FC (155 Mbps~11.1 Gまでの)ジッタおよびワンダテスト

 

用途

  • ネットワーク要素の設計テスト
  • ネットワーク要素の製造テスト
  • ネットワークシステムの検証
  • ネットワーク適合性テスト