MAP: 光パワーメータ (mOPM-B1)
現在地

MAP: 光パワーメータ (mOPM-B1)

mOPM-B1はMAP-200モジュラ・プラットフォーム用、光パワーメータ (1幅モジュール)です。1 / 2 / 4 出力構成。750から1700 nm波長レンジ。最大27 dBm入力fパワー。確度、高直線性、極低偏波依存損失(PDL)を特徴としています。10 mm ディテクタ・アダプタ付きモデルは、最大72 チャネルのマルチ・モード・リボン・ファイバで使用できます。

概要

MAP-200モジュラ・プラットフォーム用、1 / 2 / 4 出力構成光パワーメータ (mOPM-B1)です。 3タイプ(汎用/プレミアム/高パワー)、パネル・マウントまたはリモート・ヘッドを使った1、2、または4入力構成にて、多様なパワー測定アプリケーションに対応します。

入力性能:

3グレード・タイプともInGaAs(インジウム・ガリウム砒素)検出器を使用。シングルモード(SM)またはマルチモード(MM)ファイバを使った、アプリケーションに最適です。高い測定確度、高い直線性、および極めて低い偏波依存損失(PDL)を特徴とします。

汎用グレードは-70~+10dBmの測定範囲を提供します。高性能検出器を搭載するプレミアム・グレードは熱安定を特徴とします(拡張測定波長範囲と-80~+10dBmのパワー測定範囲実現)。高パワー・グレードは+27dBmまで測定範囲を拡張します。.

主要機能

  • パネル・マウントまたはリモート・ヘッドわ使った信号入力構成
  • 1/2/4 入力構成用意
  • 250kHzデータ取り込みサンプリング・レート
  • 750から1700nmの動作波長範囲
  • 最大入力: 27dBm (高パワー・グレード)
  • シングル・モードとマルチモード・ファイバ互換
  • 自動化プログラム作成サポート用IVIドライバ・サポート

ダウンロード