ONT-600 400G CFP8モジュール
現在地

ONT-600 400G CFP8モジュール

400G CFP8モジュールは、400Gイーサネット(IEEE 802.3 bs)に関する最新の規格案に準拠したスケーラブルなテストソリューションであり、将来のOTNCnにも対応します。第1世代の400Gプラガブル光モジュールに対応したCFP8スロットを装備し、更に5つのQSFP28 スロットを搭載したプラットフォームは、将来のFlexEおよびFlexOアプリケーションに対処します。

概要

ネットワークのスピートとその正確な伝送要求の高まりが予想される中、VIAVIのONT-600ヒカリネットワークテスターファミリーに新たに400G CFP8モジュールが加わりました。このモジュールはスケーラブルなテストソリューションであり、IC設計からシステム検証まで、開発サイクルのそれぞれの過程に完全に対応しています。400Gイーサネット(IEEE 802.3 bs)に関する最新の規格案に基づいたこのモジュールは、第1世代の400Gプラガブル光モジュールに対応したCFP8スロットを装備しています。電気アダプター(16x25G)を利用することで、開発初期段階の400G評価ボードとの直接相互接続が可能です。

このモジュールのテストアプリケーションは、「リアルワールド」テスト信号発生が可能です。その為実機と同じ状態でMAC/IPレイヤーを完全に把握しながら、徹底的なトラブルシューティングを行うことができます。さらに、拡張エラー解析とダイナミックスキューテストにより、物理レイヤにおける問題を迅速に特定し、解析することができます。

ネットワークスピードとその信頼性に対する要求が高まる中、400Gテストモジュールは400G実現のために登場したPAM-4 (4レベル パルス振幅変調)やFEC(フォワードエラー訂正)性能テストを強力にサポートします。更に本モジュールはCFP8スロットに加え、5つのQSFP28 スロットを装備し、FlexE或いはFlexO テストアプリケーションを随時サポートしていきます。そらに、VIAVI 400G CFP8の将来の規格の変更/進化に適応可能な最新FPGAを搭載した設計は、長期に渡り活用できるため、効率のよい投資を保証します。


特長

  • 400GE シグナル インテグリティ テスト
  • CFP8トランスポンダーテスト(16x25G NRZ)
  • 物理レイヤ、PCS/FEC、イーサネット、OTNに対応
  • 電気インターフェイス(16 x 25G NRZ)による評価ボードへのアクセス

利点

  • 物理レイヤから400GE/OTUCnまで対応したテストアプリケーション(設計からトラブルシューティング)
  • 将来の主要アプリケーション FlexE/FlexOテストに対応した設計

アプリケーション

  • 400Gテストとトラブルシューティング
  • トランスポンダーテスト
  • IC検証
  • システム統合 

主要機能

  • 400GE フル帯域幅テスト
  • CFP8スロット(電気インターフェイスオプションあり)
  • PCS/FECレイヤーのテスト
  • ダイナミックスキュー挿入
  • MDIOコントロールインターフェイスへのアクセス