I-PMD テストモジュール( MTS-8000 本体用)
現在地

I-PMD テストモジュール( MTS-8000 本体用)

偏波モード分散(PMD)アナライザ、インバンド(In-band)OSA、および高分解能OSAを一モジュールに集約、インサービスの高速DWDMとROADMネットワークの評価とトラブルシューティングのめに統合したインサービス テストソリューション。

概要

伝統的なファイバーのPMDは、特別のテスト信号をリンクの一端に注入し、他端で結果として生じている偏光変化を分析することによって測定されます。それはネットワークがダウンしている時にのみ実行できます。

I-PMD測定において使われるViavi非侵入(non-intrusive)テクニックは、トランスミッションDWDMチャンネルを使って、サービス中のリンクの中でのPMD測定を可能にします。 ViaviのユニークなI-PMDテストソリューションは、既存の10G / 40Gインサービス トランスミッションシステムの故障チャンネルをトラブルシューティングし、ネットワーク全体をダウンさせずに最高100Gまで(将来のアップグレード計画対応)対応できます。

特徴

  • どこででもいつでもPMD測定可能。エンジニアリング計画、高度な顧客通知書、夜間メンテナンス、および技術クルー展開削減。
  • ソリューション: ファイバーの方端から、一人の技術者で、同時にテスト
  • 技術者半減: 3台が一台に
  • 識別時間と修理問題の削減
  • 故障チャンネルの分離と、1つのスナップショットによる関連するデータ取得(5種類の光測定: PMD、インバンドOSAを含む)

アプリケーション

  • -アクティブDWDMリンク上のPMD特性評価
  • 高分解能光スペクトラムアナライザ(OSA)によるライブ伝送信号解析
  • DWDM/ROADMシステムの中のインバンドOSNRテスト
  • 最高100Gまで将来アップグレード計画のためののファイバーネットワーク性能検証
  • 10/40Gトランスミッションシステムのメンテナンスとトラブルシューティング

主要機能

  • -3つの機器(PMDアナライザ、インバンドOSA、高分解能OSA)を一台で実現したシングルエンド テストソリューション
  • トラフィック波長は、単一極性または変調フォーマットを問わず2.5/10/40Gテスト用
  • 瞬間の有効なDGD測定
  • PMDの時間変化とDWDMチャンネルに従った変化
  • 偏光ヌル技術を使ったインバンドOSNR測定
  • 分解能3pmによる高分解能チャネル解析