P5000i ファイバー マイクロスコープ
現在地

P5000i ファイバー マイクロスコープ

自動ファイバ検査&分析プローブは、デスクトップコンピュータ、ノートパソコン、モバイル機器、VIAVIテストソリューションに合否機能を提供します。

概要

P5000iを使用すると、ネットワーク上のファイバ接続がすべてクリアで最適化されていることを、迅速かつ簡単に認証できます。 インテリジェントなファイバマイクロスコープがファイバ検査による当て推量をなくし、ネットワーク接続と、最高のユーザーエクスペリエンスのための、信頼性の高い客観的なファイバ接続の合否分析を提供します。 また、P5000iのファイバマイクロスコープでは、基幹的なネットワークテストにはお客様が既に使用している多数のVIAVIテストソリューション(MTSフィールドテスタ等)を使用して合否分析ができます。

特徴

  • ボタン 1 つでファイバ端面を検査/判定。エキスパートの検査が誰でも可能。接続ファイバ端面が業界標準要求に準拠していることを保証し、物理層のパフォーマンスを確保。
  • 迅速、簡単、および正確なテストにより誤測定を防止。
  • インテリジェント・スコープとVIAVI フィールド・テスト・プラットフォームを組み合わせた、端面検査ソリューション。
  • ベスト・プラクティスの促進、業務品質の向上、およびワーク・フローの最適化推進。
  • 事前端面検査により、ファイバ・コンポーネントと機器の損傷を防ぐことによって長期にわたる接続を保持し、トータル・ネットワーク投資を削減。

アプリケーション

  • ファイバ端面に汚れが無くその接続性の業界標準合格を保証することによる、物理レイヤの接続保証。
  • すばやく端面を捕らえ、事前設定された基準設定に従い、分析し、ファイバ端面イメージを等級づけ、合否を行う。
  • ファイバ・ネットワークにおけるファイバ検査、分析、および等級づけプロセスの規格化。

主要機能

  • 再現性の高い合否判定で、測定プロセスから推測を排除
  • ユーザーが選べるテスト・プロファイルであらゆる基準に基づいた認証を実現
  • 付属 FiberChekPro™ソフトを使っての、PCで合否判定/解析とレポート作成
  • 自動画像センタリング機能により、常にファイバを画面の中央に表示
  • 詳細レポート機能により、結果の証明とドキュメンテーション作成
  • 追加のアダプタやソフトウェアなしにUSB経由でMTS-2000/4000/5800/6000A/8000v2、HST-3000、SMARTClassTM Fiber、Certifier40G、DSAM、CellAdvisorに簡単接続。
  • FiberChekMOBILE(Google Playでダウンロード)を使用してAndroid™携帯電話/タブレットに簡単に接続し、業界標準規格に従って、端面品質の検査、光パワーの測定、ファイバ接続の認証が直接モバイルデバイス上で可能