Xgig 12 G SAS
現在地

Xgig 12 G SAS

一体型スタンドアロンシステム。12/6/3 Gbps SASマルチファンクション(アナライザ、ジェネレータ、ジャマー)

概要

Viavi Xgig 12 Gbpsアナライザは、シリアルアタッチSCSI(SAS)で利用できる先進的かつ最強の監視と分析システムです。高度なトレース機能と分析機能によってトラフィックのフローを完全に把握できます。 この多目的なマルチプロトコルツールは、ユーザーが高速シリアル設計の課題を克服したり、今日のストレージエリアネットワーク(SAN)とストレージサブシステムの開発を促進する際に役立ちます。 このソリューションは12/6/3 Gbps SASと6/3 Gbps SATAをサポートしています。
 
Xgig 12 Gbps SASアナライザは、スタンドアロンのハードウェアアーキテクチャでライブトラフィックを監視・分析するための多目的なソリューションです。
 
特長
  • 業界最強のトレース機能と最新の監視・分析ツールでトラブルシューティングを合理化
  • フレームやトラフィック/エクスチェンジビュー内のDWORD検索など、特許取得済みの検索機能やフィルタ機能によって開発を促進
  • 最大32ポートの時間同期グループで最大のポート数を分析する機能を搭載
  • 最新のスクリプト機能とキャプチャ機能でトラブルシューティングを自動化
  • ネイティブMini-SAS HDコネクタインターフェイスを使用して配線の複雑性を排除

主要機能
  • SAS用の12/6/3 Gbpsのプロトコル対応分析
  • マルチ機能搭載の一体型スタンドアロンシステム(アナライザ、ジェネレータ、ジャマー)
  • ラインレートで100%キャプチャによるネットワークの完全な可視化
  • システムごとに16または32 GBのトレースメモリ
  • ポートごとに分割されたトレースメモリ
  • 複数のトレース内容をキャプチャするためのメモリ区分
  • SAS-3トレースの分析
  • チューニング可能なRX/TXシグナル
  • シグナルインテグリティへのアナライザの手間を最小化するために、パッシブ「アナログパススルー」をサポート