Xgig®1000 16 Gファイバーチャネルと10 Gおよび40 Gイーサネットポータブル分析とテストプラットフォーム
現在地

Xgig®1000 16 Gファイバーチャネルと10 Gおよび40 Gイーサネットポータブル分析とテストプラットフォーム

あらゆるSAN/NASテクノロジー向けの総合的なマルチプロトコル分析、負荷テスト、エラー注入。

概要

Viavi Xgig 1000は、10、GE、4/8/16 Gのファイバーチャンネルに、ポートの再構成ができるポータブルな総合プラットフォーム1つで対応できる唯一の製品です。 ユニークでポータブルなシャーシを搭載したXgig 1000は、製造会社のR&D実験室で詳細なプロトコルテストを実施できるほか、現場の作業者がSANを展開したり、トラブルシューティングするのに役立ちます。 また、インラインのノン-イントゥルーシブキャプチャや分析、インラインのジャミング、エンドノード、エミュレーションなどを実施でき、16 Gでの生成および負荷テストと、最大40 Gのインサーネット分析に対応した唯一のプラットフォームでもあります。 Xgig 1000には業界標準のキャプチャ形式と、ファイバーチャネルとイーサネットネットワークを関連付けられるユニークな機能に加えて、800種以上のマトリックスとルールに基づく専門的な分析が備わっています。

主な利点
Viavi Xgig 1000には次の機能が備わっています:

  • 自動テスト機能を搭載したスピードSANとネットワーク接続ストレージ(NAS)のインストールと展開
  • 軽量設計と小さいフットプリントはデータセンター環境での取り扱いが容易
  • ダウンタイムを減らし、業界で実績のある高信頼の分析/トラブルシューティングソリューションでSLA管理コストを削減
  • 総合的なIPパフォーマンス統計情報で、ストレージとネットワークのサービス管理を改善

アプリケーション

  • 分析
  • エラー注入(ジャミング)
  • 負荷テスト

プロトコル

  • 4/8/16 Gファイバーチャネル
  • 10/40 GE(FCoE、iSCSI、iWARP、RoCE、VXLANなど)