CWDM OTDRモジュール – MTS-2000、-4000、-5800プラットフォーム用4100シリーズ
現在地

CWDM OTDRモジュール – MTS-2000、-4000、-5800プラットフォーム用4100シリーズ

インサービスのCWDMファイバーネットワークの配備、メンテナンス、トラブルシューティングのためのCWDM OTDRテストソリューション

概要

VIAVI CWDM OTDRソリューションにより、ケーブル事業者、ダークファイバープロバイダ、通信サービスプロバイダは運用中のC-RANやDAS、モバイルフロントホールCWDMネットワークをMUX/DEMUXを使ってテストしたり、完全なエンドツーエンドのリンク特性評価やトラブルシューティングを行うことができます。

利点

  • 市場で最もコンパクトなCWDM OTDRソリューション:わずか2つのOTDRモジュールで18のWDM波長に対応
  • ネットワーク配備/構築中のエンドツーエンドのリンク特性評価
  • 運用中のチャンネル通信を妨害することなく、新しいCWDM波長のルートのテストおよび障害箇所をピントポイントで特定
  • CWDMスペクトラムアナライザモジュール(COSA-4055)と組み合わせて運用中のCWDMチャンネルの波長とパワーレベルが測定可能

アプリケーション

  • 正確なCWDM波長によるエンドツーエンドリンクの特性評価
  • インサービスのテスト機能による運用中のネットワークのトラブルシューティング
  • 連続波供給機能によるエンドツーエンドの連続性の検証

主な特徴

  • CWDM8U:8波長バージョン(1471nm~1611nm)
  • CWDM10L:10波長バージョン(1271nm~1451nm)
  • 変調機能付きCW光源内蔵(OTDR波長と同じ)
  • スマートリンクマッパー(SLM)オプションは、イベントを自動的に判断するため、オペレータの解釈判断ミスを排除します(OTDRトレースをスプライス、コネクター、MUX/DEMUX等のアイコンに変換)。
  • MTS-2000、-4000、-5800プラットフォーム互換