検査ですぐに使えるSmartClassファイバORL-85/85P光リターンロスメーター
現在地

検査ですぐに使えるSmartClassファイバORL-85/85P光リターンロスメーター

SmartClass™ Fiber ORL-85/85Pは顕微鏡と光パワーメーター(OPM)、光源(OLS)、連続波リターンロスメーター、コネクタ検査を一体化したコンパクトな計測器です。

概要

高速レーザー、アナログ伝送(CATV)、またはラマンアンプ装備の光システムの場合、最高の性能を得るためには高いリターンロスを必要とします。また、光リターンロスの測定値を利用して、導入システムが綿密かつ正確に行われているという裏付けができます。例えば、その測定値により、光コネクタが検査済みで汚れがないことを示せます。この超高感度パワーメーターを安定光源と組み合わせることで、最大70dBの測定範囲を実現できます。

アングル付きのシングルモードテストポート(APC)は非常に正確なリターンロス測定を保証します。最大50dBのリターンロス測定まで外部終端を必要としません。

利点

  • 初めての使用でも、作業を迅速かつ正確、予定どおりに完了可能
  • P5000i顕微鏡をオプションで装備した自動合否判定付きファイバ検査分析、統合PCMとの組み合わせも可能
  • コンパクト、耐久性、耐候性設計

アプリケーション

  • 光リターンロス測定
  • 光パワー測定(絶対値と相対値)
  • 光挿入損失測定
  • 光コネクタ検査(IBYC)

主な特徴

  • パワーメーター部は1260~1650nm測定波長範囲(1nm単位でインクリメント)、光源部は多波長、最大70dBのリターンロスの測定が可能な、バッテリー駆動式携帯型光リターンロスメーター
  • FC、SC、ST、LCオプションコネクタ用の交換式光アダプタ(Senko)
  • 3.5インチカラータッチスクリーンと一体型スタイラス
  • パワーと損失合否分析用の個別しきい値設定
  • オンボードファイバ検査とテスト結果のタイムスタンプ付き保存
  • USBまたはイーサネットインターフェイス経由でのデータ転送とリモートコントロール
  • オートラムダとマルチラムダテスト機能