JMEP
現在地

JMEP

JMEPは、イーサネットとIP性能保証のための強力なマイクロイーサネットプローブです。

概要

JMEPは、PacketPortalプラットフォームの一部を成すマイクロイーサネットプローブです。 集中型のプラットフォームソフトウェアと連動した、PacketPortal SFPProbes(SFPプローブ)は高度な可視性、監視機能、テスト可能範囲を備え、分散計器ネットワークに優れた拡張性とコスト効果の高いアプローチを実現します。

JMEP SFProbesはモバイルバックホール、ビジネスサービス、クラウドネットワークなどに使用される次世代イーサネットとIPサービスのアクティブ化とパフォーマンス監視に特有の要件に対処します。 SFProbesはギガビットイーサネットSFP(Small Form Factor)ベースのソリューションで、あらゆるタイプのネットワークデバイスにシームレスに展開できます。 集中型のテスト•プローブやソフトウェアシステムを供給しながら、JMEP SFProbesはベンダーやアーキテクチャに左右されることなく、一貫したテストとパフォーマンス監視の機能を提供し、SFProbeの検出、管理、構成を自動化する集中型のPacketPortalプラットフォームソフトウェアと連動して動作します。

NetComplete EtherASSUREサービス対応の集中型テストプローブOSSやQT600と共に、PacketPortal JMEPはネットワークオペレータのサービス展開を加速し、ネットワークを迅速にセグメント分割し、パフォーマンスの問題箇所と原因を分離して、サービスの展開を加速するのに役立ちます。

利点

  • スペースと電力要件を増やすことなく、すべてのネットワークデバイスに高度な区分け機能を追加する一方で、コスト効果の高いエンドツーエンドのパフォーマンス監視戦略を展開。
  • VIAVI Netcomplete EtherASSUREなどのイーサネットアシュアランスソリューションとシームレスに統合して、サービスのアクティブ化に要する時間を短縮し、MTTRとサービス提供のコストを削減。
  • 標準ベースのパフォーマンステスト手法とループバックを実装して、既存のテストツール、プローブ、ソフトウェアシステム、技術リソースの効果を最大化。
  • サービス展開時間を最大50%以上短縮し、従来のソリューションに比べてアシュアランスのコストを最大80%までカット

 

アプリケーション

  • モバイルバックホール、ビジネスサービス、クラウドネットワーキングサービスの主要ネットワークパフォーマンスの導入、テスト、トラブルシューティング及びモニタ。
  • 追加的なネットワークデバイスを展開したり、余分なスペースや電力を消費することなく、ネットワークの境界を分離する、JMEP SFProbesを使用して機器のネットワークの境界検出。
  • ネットワークのパフォーマンスを低下させることなく、あらゆるネットワークデバイスで、エンドツーエンド、標準ベースの一貫したテストと監視を追加

 

主要機能

  • QT-600およびMTS-6000 RFC-2544 & Y.1564のテスト方法に互換性のあるVIAVIレイヤー2/3ループバックなどサービスアクティブ化の主な機能をサポート。
  • Y.1731/TWAMP-Light (RFC 5357)、フレーム損失、フレーム遅延、フレーム遅延変動測定など、インラインパフォーマンスの監視機能を提供
  • Y1731 OAMレスポンダとイニシエータ機能、ラインレートをサポート