Fusion JMEP

Fusion JMEP は、イーサネットと IP のパフォーマンスを保証する強力なマイクロイーサネットプローブです。

VIAVI JMEP スマート SFP は、Gigabit Ethernet のスマート SFP トランシーバーで、追加のネットワーク計測の必要性を減らします。1 Gbps JMEP3 と 10Gbps JMEP10 の 2 種類のトランシーバーがあり、既存のネットワークデバイスにインラインでシームレスに展開します。ネットワークオペレータやサービスプロバイダーにリモートテストポイントを提供し、パフォーマンスを保証したサービス提供を可能にし、既存のネットワークインフラの価値を高めます。

利点

  • 使いやすく、既存のネットワークの SFP ポートに簡単に展開できます。
  • ネットワークポートをサービス保証ツールに変え、1GE または 10GE のイーサネット運用、管理、および保守(OAM)を可能にします。
  • テストとトラブルシューティングの手順を簡素化して、機器のアップグレード、トラックロール、平均修理時間(MTTR)を削減します。
  • VIAVI MTS 試験ポートフォリオおよび受賞歴のある Fusion EtherASSURE™ 中央集約型テストソリューションと互換性があります。
  • 追加の機器なしで、モバイルバックホールネットワーク全体を監視します。

アプリケーション

  • モバイルバックホール、ビジネスサービス、クラウドネットワーキングサービスの主要ネットワークパフォーマンスをターンアップ、テスト、トラブルシューティングします。
  • 追加のネットワークデバイスを展開したり、余分なスペースやパワーを消費することなく、ネットワークの境界を分離する JMEP SFP プローブを使用した計測器ネットワークの分界点
  • ネットワークのパフォーマンスを低下させることなく、あらゆるネットワークデバイスで、End-to-End の標準ベースの一貫したテストと監視を追加します。

主な特徴

  • RFC 2544 および Y.1564 テスト方法と完全な互換性があります。
  • テストループバック(L2/L3)をアクティブにします。
  • Y.1731/ を使用してインラインパフォーマンスを監視します。
  • TWAMP-Light(RFC 5357)
  • スループット、可用性、フレーム損失、フレーム遅延、およびフレーム遅延変動を測定します。
  • 障害分離のための OAM 802.1ag を有効にします。

まずはスタート

製品デモに興味がおありですか? 詳細、価格のお見積り、ご購入方法についてお問い合わせください。