OTU-8000 OTDR テストシステム

モジュール式ラック装着型テストシステム

従来方式の OTDR トレースと DTS および DTSS(Distributed Temperature and Strain、温度・ひずみ分散)測定を行うために広範な OTDR モジュールを提供するモジュール式ラック装着型自動 OTDR テスト装置を使用して光ネットワークの監視を自動化します。

OTU-8000 Optical Test Unit

OTU-8000 光テスト装置は、OTDR と光スイッチ技術の組み合わせにより、ネットワーク上のどこでも複数ファイバーの連続的な OTDR 監視が可能になります。OTU-8000 プラットフォームは完全なモジュール構造であるため、変化していくネットワーク上のファイバー監視を最適化するために多数の波長とダイナミックレンジを使用できます。

OTU-8000 は  VIAVI ONMSi ソリューションおよび SmartOTU  と連携し、ネットワーク性能の監視を自動化および改善します。

VIAVI は OTDR と光ネットワーク監視の世界的なリーダーであり、その光ファイバーテスト機器で、権威ある フロスト&サリバンの光テスト機器マーケットリーダーアワード を 6 年連続受賞しています。

利点:

  • ネットワーク構築、サービスアクティベーション、運用での良好なサービスの継続を保証
  • 事前にファイバーの劣化を検出することでサービスへの影響を回避
  • 光ファイバーの障害発生位置を数時間ではなく数分で特定することで MTTR を短縮
  • 重複したエラー発信を回避することで運用コストを削減
  • 長期的なファイバー性能を監視することで投資を健全化
  • テストプロセスを迅速化し、テスト担当者の負担軽減を行うことで構築コストを削減
  • ファイバーへの侵入を検出し位置を特定することでネットワークの完全性と安全性を保護
  • インフラストラクチャを プロアクティブに保護し、パイプラインなどインフラ要素のリスクを示す、ひずみと温度変化を検知します。

アプリケーション:

  • サービスプロバイダ、インフラプロバイダ、ダークファイバープロバイダのためのファイバー監視
  • FTTx 構築、プロビジョニング、メンテナンステスト
  • クリティカルなアプリケーションのためのファイバータップ検出
  • インフラ監視(マンホール、キャビネット、パイプライン、橋、ダムなど)

主な特徴

  • 最大 1080 ポートまで拡張可能
  • ウェブブラウザベースの GUI
  • 障害地点を素早く正確に特定
  • メールおよび SMS による通知
  • 2RU でスケーラブルでモジュール式
  • デュアルパワーフィード
  • ソリッドステートディスク(SSD)
  • 低消費電力
  • LAN ベースのファームウェアダウンロード

その他のリソース:

各種情報/資料

ホワイトペーパーおよび書籍

アプリケーションノート

パンフレット

ケーススタディ

データシート

ポスター

クイックリファレンス

選択ガイド

ホワイトペーパーおよび書籍

まずはスタート

製品デモに興味がおありですか? 詳細、価格のお見積り、ご購入方法についてお問い合わせください。