FTH-9000

最も適応性の高いラックマウント型リモート OTDR テストユニットを使用して、光ネットワーク構築テストと保証監視を自動化します

OTDR およびスイッチオプションを備えた遠隔ファイバーテスト用の適応型ファイバーテストヘッド(FTH)FTH-9000

Fiber Test Head (FTH-9000)

適応型 FTH-9000 は、高ダイナミックレンジのOTDR(光時間領域反射率計)と光スイッチ技術を組み合わせて、構築中またはサービスアクティベーション中にテスト対象のファイバーのリモートテスト認証試験を行い、ネットワーク内の任意の場所の複数のファイバーの OTDR 監視により継続的な保証を提供します。1 台の FTH-9000 で 4000 以上のファイバーをテストできます。多くの内部および外部スイッチオプションがあり、テスト距離は選択した OTDR モジュールによって異なります。CWDM、チューナブル DWDM、DTSS、DTS オプションなど、業界で最も幅広い OTDR オプションから選択できます。

適応型ファイバーテストヘッド(FTH)の FTH-9000 は、VIAVI ONMSi RFTS ソリューションの光ネットワーク管理システムの心臓部です。高分解能 OTDR を備えた単一の FTH-9000 は、1 つの重要なリンクをテストすることも、ネットワークの成長に合わせてリンクカバレッジを拡張するために光スイッチを使用して数千のファイバーリンク監視をカバーできます。トラフィックを中断することなく、ダークファイバ―、またはアクティブファイバーをテストします。ファイバー障害が発生すると、ONMSi システムまたはスタンドアロン FTH が数分以内にその障害の GPS 位置を報告します。この適応型でラック搭載型の FTH は、メトロリング、データセンター相互接続、および xWDM 波長プランを利用する長距離ネットワークだけでなく、アクセス PON または分散型アクセスアーキテクチャネットワークに最適です。FTH-9000 ユニットはまた、シングルモードファイバーをセンサとして使用してひずみと温度を測定する VIAVI ファイバー センシングアプリケーションとも互換性があります。

PON ライフサイクル管理を簡素化: ONMSi システムの一部として、FTH-9000 は FTTH 構築認証、サービス展開、およびトラブルシューティングと保証を加速します。ネットワークを区分化して、障害の原因を判定したり、光バジェットの問題を特定することができます。時間の経過に伴うネットワークの健全性の変化をトレンド分析し、貴重なリンクを収益化し、サービスを保証します。 

ネットワークセキュリティの強化:10 分の 1 デシベルの損失までの極めて高い精度でファイバータップを検出して場所を特定します。 

ファイバーセンシングアプリケーションの展開:ファイバーをセンサに変換し、ラマンおよびブリルアン OTDR モジュールを使用して、ファイバーに沿って分布する数千のひずみおよび温度データ収集ポイントを作成します。

OTDR テストファイバーテストの詳細

VIAVI は OTDR と光ネットワーク監視の世界的なリーダーであり、その光ファイバーテスト機器によって、フロスト&サリバン光ファイバーテスト機器マーケットリーダー賞を 6 年連続で受賞しています。

利点

  • さまざまなスイッチ、ポート接続タイプ、OTDR、およびソフトウェアアプリケーションを使用して、ネットワークに合わせて FTH を構成 
  • テストプロセスを迅速化し、テスト担当者の負担軽減を行うことで構築コストを削減 
  • 光ファイバーの障害発生位置を数時間ではなく数分で特定することで MTTR を短縮 
  • 正確で遠隔での位置特定により、間違った場所へ誤って派遣することをなくすことで運用コストを削減 
  • サービスに影響が及ぶ前にファイバーの劣化を検出することによりサービスの中断を回避 
  • 展開されたファイバーの長期的なパフォーマンス KPI(IL、勾配、ひずみなど)を測定することで投資を保護 
  • ファイバーへの侵入を素速く検知して、その位置を特定することでネットワークの完全性を保護 

アプリケーション

  • サービスプロバイダ、インフラプロバイダ、ダークファイバープロバイダ向けのファイバー監視 
  • FTTx 構築、プロビジョニング、メンテナンステスト 
  • セキュリティ保証のためのファイバータップ検出 
  • ファイバーセンシングアプリケーション(ファイバーエージング、パイプライン、パワーなど)

主な特徴

  • 既存の ONMSi プラットフォーム要素および、新しい超高分解能、チューナブル DWDM およびファイバーセンシング OTDR を含む 新しい OTDR モジュールとの下位互換性を保証するモジュール式設計 
  • 従量課金モデルの高密度で拡張可能なスイッチ(576p) 
  • 追加の外部スイッチを使用して最大 4464 ポートまで拡張可能 
  • デュアル IP 通信チャネル(メインとバックアップ)、および追加のローカル LAN アクセス 
  • セキュアなウェブブラウザアクセス 
  • 高さ 2RU、デュアルパワーフィード(前面パネルと背面パネル)、電源障害インジケータとアラーム付き、低消費電力 
  • さまざまなファンソリューション(前面、側面、抽出可能) 
  • オプションボードの追加で拡張可能 
  • 堅牢な LINUX オペレーティングシステム 
  • プラグ&プレイ方式のスタンドアロン監視ツールとして、またはネットワーク全体の ONMSi 集中管理システムに実装 
     

FTH-9000 は、ラックマウント型 OTDR とスイッチングの組み合わせとして展開され、FTH あたり 1 ファイバーから 4000 以上まで拡張できます。自動ルーチンでリモート制御され、モバイルアプリまたはデスクトップポータルを介してオンデマンドでテストされます。FTH はプラグ&プレイ方式で、スタンドアロンのポイントツーポイントテスターとして使用することも、ネットワーク全体の ONMSi システムの一部として使用することもできます。

各種情報/資料

ホワイトペーパーおよび書籍

アプリケーションノート

パンフレット

ケーススタディ

データシート

ポスター

クイックリファレンス

選択ガイド

ホワイトペーパーおよび書籍

まずはスタート

製品デモに興味がおありですか? 詳細、価格のお見積り、ご購入方法についてお問い合わせください。