PCIe 6.0

多用途の 64GT/秒 PAM4 プロトコルテストプラットフォーム

当社の PCIe6 プロトコル分析ソリューションは、CXL および NVMe のサポートにより 64GT/秒のデータリンク速度の動作をサポートできるほか、PCIe FLIT モード、FEC、TS0 オーダーセットなどの新しい PCIe6 仕様機能もサポートします。この VIAVI プロトコルテストプラットフォームにより、帯域幅を大量に消費するデータセンター/ハイパースケール、AI/ML、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)およびネットワーキングアプリケーションが可能になります。

製品

Xgig 6P16 Analyzer/Exerciser for PCI Express 6.0

PCI Express 6.0 用 Xgig 6P16 アナライザ/エクササイザー

CXL および NVMe をサポートする、完全に統合された 16 レーン PCIe6 アナライザ/エクササイザーソリューション
Xgig 6P16 Analyzer/Exerciser for PCI Express 6.0

PCI Express 6.0 用 Xgig 6P4 エクササイザー

CXL および NVMe をサポートする 4 レーン PCIe6 エクササイザーソリューション

ツールの汎用性を実現するように設計された包括的な VIAVI Xgig PCIe 6.0 プラットフォームは、同じシャーシ上にアナライザとエクササイザーの機能を備え、アプリケーション固有のインターポーザで強化されています。  このアーキテクチャは、エンジニアやラボ管理者が購入、調整、保守する必要がある個別のハードウェアの量を制限しながら、PCIe6 での信号インテグリティを最適化します。  また、既存の Xgig PCIe 5.0 機器での PCIe 6.0 64GT/秒トレースキャプチャおよび分析にも対応します。  その結果は?  ツールの利用が最適化され、以前の設備投資のライフサイクルが延長され、全体的な所有コストが削減されます。 

PCIe 5.0 から PCIe 6.0 への移行は、プロトコルレベルで大きな変化をもたらしました。それに伴い、プロトコルの挙動を完全に理解するための強力な分析ツールが必要になりました。  PCIe の「パワーユーザー」向けに設計された、堅牢な Xgig PCIe6 プラットフォームにより、最も複雑な PCIe、CXL、NVMe テストシナリオのキャプチャとデコードが可能になります。  Xgig Analyzer は、Xgig Expert ソフトウェアからのプロトコルに関する深い知見の基盤を提供し、これらを組み合わせることで、プロトコルの問題の分析とデバッグにおける驚異的な実用性と柔軟性をユーザーに提供します。

PCIe 6.0 の詳細については、こちらをご覧ください。

あらゆるステップでのサポート

VIAVIは、サポート、サービス、総合的なトレーニング、お客様が必要とするリソースを提供しています。これはすべて、お客様のVIAVIへの投資価値を最大化するために当社が日頃より行っていることです。

最適な総所有コスト(TCO)を実現するためにお客様のVIAVIシステムソリューションおよび機器ポートフォリオを補完する付加価値サービス

カスタマーサービスは、商品返品承認(RMA)番号を発行して修理や校正サービスを行います

新製品や既存のツールで作業を行う技術者に向けた技術教育ソリューション、製品トレーニングおよびブレンド型学習

技術支援センターは、製品の活用や設定の支援、製品の性能上の問題に対処します

エキスパートに尋ねる

詳細、価格のお見積りについてお問い合わせください。Viaviのエキスパートがお客様のあらゆる質問にお答えします。