MAP チューナブル DBR レーザー (mTLG)

MAP シリーズのチューナブル分布ブラッグ反射器 (DBR) レーザー (mTLG-C2) は、C バンド上で波長をオンデマンドで 50 GHz 単位で変更する機能が必要不可欠な DWDM テストに最適な新世代チューナブルレーザーです。

マルチアプリケーションプラットフォーム (MAP シリーズ) のチューナブル分布ブラッグ反射器 (DBR) レーザー (mTLG-C2) は、C バンド上で波長をオンデマンドで 50GHz 単位で変更する機能が不可欠な DWDM テストに最適な新世代チューナブルレーザーです。

MAP シリーズは業界初の LXI (LAN Extensions for Instrumentation) 準拠のフォトニックレイヤー実験室および製造用のプラットフォームで、光テスト環境に高速イーサネット接続および IVI (Interchangeable Virtual Instrument) ドライバとの接続を簡単にします。業界トップの MAP シリーズプラットフォームの密度と構成可能性により、テスト技術者は最小限のフットプリントで特定のアプリケーション要件を満たすことができます。

新しい mTLG-C2 は集積波長ロッカーを搭載した回折格子分布ブラッグ反射器 (SGDBR) レーザーをベースとしています。波長や出力電力の設定は MAP シリーズのローカルインターフェイスや自動インターフェイスを使って制御します。集積波長ロッカーや自動電力制御ループにより非常に安定した操作を実現しました。

主な特徴

  • シングル、デュアル、またはクアッドチャンネル構成が可能
  • C バンドまたは L バンドを選択可能
  •  42 nm  (C バンド)、38 nm (L バンド) より波長調整
  • 50 GHz のチャネル間隔
  • 狭線幅 <5 MHz
  • C バンド機能:
    • 出力電力 >12 dBm
    • SMSR 40 dB min

まずはスタート

製品デモに興味がおありですか? 詳細、価格のお見積り、ご購入方法についてお問い合わせください。