MAP-200 偏波スクランブラーコントローラー

MAP-200 偏波制御モジュール (mPCX-C1) は、テンポラルデポラライゼーションや 100G+ コヒーレントインターフェイステストや対象 SOP 条件の安定化やトラッキングなどのアプリケーションにおける偏波スクランブルや偏波制御、安定化を提供します。

マルチアプリケーションプラットフォーム (MAP-200) 用の偏波制御モジュール (mPCX-C1) は、単一スロットの高速偏波スクランブラー、コントローラー、スタビライザーです。 ニオブ酸リチウムベースの電気光学波長板は、最も要求の厳しい偏波管理アプリケーションに必要な応答時間を備えています。 コヒーレント変調フォーマットと偏波多重システムの出現で、これらの信号の偏波状態がシングルモードファイバーと相互作用する様子を理解することの重要性が高まっています。 MPCX-C1 は、実験室でこれらのテストに対応できるようにするばかりでなく、製造環境においてもこれらテスト実施できます。

特長

  • 高速な偏波スクランブラー、毎秒1.00rad~3.00Mradの範囲でレートをプログラム可能
  • C+L バンド運用時の挿入損失は 3dB 未満
  • 偏波の入力状態に依存しない、独立した一様なスクランブル設計仕様
  • Rayleigh、Random、Ring などの 6 通りの先進のスクランブルモード
  • 独自の SOP フィードバックオプションによる偏波の安定化と状態復帰機能
  • クラシック波長板による偏波の手動制御

アプリケーション

  • フォトニック通信テストの自動化
  • 100G+ コヒーレントインターフェイステスト
  • テンポラルデポラライザによる損失、利得、および PDL 最小値/最大値測定
  • 目標SOPの安定化とトラッキング

まずはスタート

製品デモに興味がおありですか? 詳細、価格のお見積り、ご購入方法についてお問い合わせください。