狭帯域 IoT

IoT 対応のモバイルネットワークですか?

VIAVI CellAdvisor 基地局アナライザは狭帯域 IoT テストをサポートしています。

IoT 対応

IoT は、数十億ものスマートデバイスが狭帯域信号を使ってモバイルネットワークに接続できるようにします。モバイルネットワークは、広帯域信号を使用する、ビデオストリーミングなどの広帯域アプリケーションも同時にサポートし続ける必要があります。ネットワーク事業者は、これらの異なる種類の接続を管理する一方で、それぞれに求められる体感品質を維持し、新しい機器への投資を最小限に抑える必要があります。

  • Narrowband IoT: Real-World Testing

    Learn best practices for testing new NB-IoT networks in the field.

  • A Practical Guide for Field Testing Narrowband IoT (NB-IoT)

    Learn best practices for testing NB-IoT networks in this new white paper.

  • Introduction to Narrowband IoT

    Get the basics on NB-IoT in this short video

VIAVI の利点

VIAVI はソフトウェアベースの NB-IoT テストを開発しました。この種のものでは業界初であり、CellAdvisor ハンドヘルド計測器でライセンス利用できます。今や総合的な RF テストソリューションとして CellAdvisor はさらに機能強化され、LTE テストや自動干渉波探索に加えて RFoCPRI および BBU エミュレーションを提供することで、基地局訪問中のエンジニアが効率的に作業を進められるようにします。

NB-IoT のサポートにより CellAdvisor は以下が可能です。:

  • 干渉波、および NB-IoT 信号が LTE 広帯域信号にもたらす性能上の影響の測定
  • 割り当て地域内の台数分のデバイスに対するサービス提供に必要な到達および受信可能範囲要件を満たしているかどうかの確認
  • 信号の物理リソースブロック (PRB) まで掘り下げた信号パワーレベル、デジタル復調解析および干渉解析をはじめとする包括的な解析の実現

こうした詳細測定を行うことで、性能や受信可能範囲およびデータトラフィック容量の面からネットワークの全体像を把握する一方、干渉波や混変調に関連して解決する必要のある問題を発見することができます。

Viaviはお客様のためにあります

詳細、価格のお見積り、製品デモビデオの視聴等についてお問い合わせください。Viaviはお客様の成功のお手伝いをします。