ニュースリリース

VIAVI 6G フォワード プログラムが学界と産業界の研究を推進

火曜日, 8月 16, 2022

アリゾナ州チャンドラー、2022 年 8 月 16 日 – VIAVI ソリューションズ株式会社(VIAVI)(NASDAQ: VIAV)は本日、新しい 6G フォワードプログラムを通じて、世界中の 6G の学界と産業界の研究を支援していることを発表しました。このプログラムは、重要な専門知識、テクノロジー、資金を有望な研究分野に提供するように設計されており、次世代ワイヤレステクノロジーのブレークスルーにつながる可能性があります。VIAVI はすでに、米国のノースイースタン大学とテキサス大学オースティン校、英国のサリー大学の 3 つの大学をサポートしています。

VIAVI 6G Research Participation

ノースイースタン大学では、VIAVI はトマソ・メロディア教授が率いるワイヤレス IoT 研究所と Open6G 共同研究センターをサポートしています。このグループは、6G ネットワークの都市規模のデジタルツインを開発するために、AI および ML テクノロジーに基づく大規模な RF 伝搬チャネルモデリングを研究しています。同チームは、Colosseum 256 ポート RF チャネルエミュレーターと VIAVI E500 UE エミュレーターを使用して、RAN インテリジェントコントローラー(RIC)対応のマッシブ MIMO ビームフォーミング最適化テストベッドも開発しています。

テキサス大学オースティン校では、VIAVI は、無線ネットワークおよび通信グループ(WNCG)内のジェフ・アンドリューズ教授が率いる 6G@UT をサポートしています。共同研究の重要なトピックは、End-to-End の機械学習、特に深層強化学習(DRL)を適用し、敵対的な条件を使用して、より堅牢なセルラートラフィック予測者を再トレーニングすることです。

英国のサリー大学では、VIAVI は、ラヒム・タファゾリ欽定教授(王立工学アカデミーフェロー)が率いる5G/6G イノベーションセンターの創設メンバーです。イノベーションセンターは、高度な通信システムと、将来のテクノロジーに接続性を提供するための 5G、5G+、6G インフラの開発における主要な課題に取り組んでいます。主な研究分野は次のとおりです:アンテナと信号処理、無線通信用人工知能、インテリジェントで高性能なネットワークとサービスの提供、インテリジェント RAN テクノロジーと管理、モバイルネットワークセキュリティ、新しい物理レイヤー、衛星通信、将来の統合通信とセンシング下の THz コンポーネントと通信すべて。

「ワイヤレス IoT 研究所では、人々と環境が一連の AI 搭載デバイスとネットワークによって接続される未来を思い描いています」とメロディア教授は述べています。「6G 研究イニシアチブには学界と産業界の協力が必要であり、VIAVI が提供するテクノロジー、専門知識、および資金は、無線通信を飛躍的に高速化、スマート化、エネルギー効率化、安全化するための私たちの貢献に不可欠です。」

「6G@UT は、没入型センシングと機械学習の交差する場所でのワイヤレス接続の未来を想像しています」とアンドリュース教授は言っています。「R&D から展開までのネットワークライフサイクル全体を可能にする VIAVI 独自の視点は、私たちのような学術研究者に、実世界のネットワーク展開に影響を与える問題についての洞察を提供してくれます。6G への旅に乗り出すにあたり、VIAVI の専門家とのコラボレーションを歓迎します。」

「VIAVI はサリー州のイノベーション センターの創設メンバーであり、彼らが提供してくれるサポートと専門知識に深く感謝しています」とタファゾリ欽定教授は述べています。「これにより、コンセプトを完全に探求し、将来のコネクテッドコミュニティを定義および改善するのに役立つテクノロジーと方法を提供することができます。これは、学界と企業が協力してテクノロジーと人々の生活を改善する好例です。」

「学術機関は、6G の可能性を探求する上で重要な役割を果たします」と、VIAVI の CTO オフィスのイアン・ウォング博士は述べています。「今すぐ参加し、破壊的および生産的な研究分野にて、正式な規格の策定に先立ってそれらのアイデアを実現できるようにすることが重要だと考えています。私たちは学術パートナーと魅力的で有益な交流をしており、将来的にプログラムの規模を拡大したいと考えています。」

VIAVI はまた、次のような 6G に焦点を当てた他のいくつかのグローバルなイニシアチブにも関与しています。

  • ATIS 主導の業界イニシアチブである Next G Alliance は、今後 10 年間、6G およびそれ以降の分野で北米のモバイルテクノロジーのリーダーシップを強化することに重点を置いています。VIAVI は Next G Alliance の創設メンバーであり、そのプロジェクトは研究開発、製造、標準化、市場準備の全ライフサイクルを網羅しています。 
  • 6G Brains は、Industry 4.0、インテリジェントトランスポーテーション、e-ヘルス、その他のアプリケーション向けに 6G ネットワークでのリソース割り当てをする AI 駆動型マルチエージェント深層強化学習(DRL)を開発しています。欧州委員会の「Horizon 2020」プログラムによってサポートされている 6G Brains のイニシアチブには、サブ 6 GHz、ミリ波、THz スペクトラム、および光ワイヤレス通信を使用および組み合わせるための新しいオプションをネットワーク事業者に提供することが含まれます。
  • Beyond 5G 推進コンソーシアムは、Society 5.0 として知られるサイバー空間と現実世界の融合などの分野における研究開発に関する情報を共有する、日本の産学官のフォーラムです。

VIAVI および 6G に関する詳細情報は、次の Web サイトで入手できます:https://www.viavisolutions.com/en-us/solutions/6g 
 


VIAVI について
VIAVI(NASDAQ: VIAV)は、通信サービスプロバイダー、企業、ネットワーク機器メーカー、政府、航空電子業界向けのネットワークテスト、モニタリング、保証ソリューションのグローバルプロバイダーです。VIAVI は、お客様が測定器、自動化、インテリジェンス、仮想化の力を活用してネットワークを統制するのを支援します。また、3D センシング、偽造防止、家電、産業用途、自動車用途、防衛アプリケーション向けの光管理ソリューションのリーダーでもあります。VIAVI の詳細については、www.viavisolutions.jp をご覧ください。VIAVI PerspectivesLinkedInTwitterYouTubeFacebook で VIAVI をフォローしてください。


メディアのお問い合わせ:

北米
Sonus PR
マイカ・ウォーレン(Micah Warren)
viavi@sonuspr.com

中南米
エーデルマン・シグニフィカ(Edelman Significa)
モニカ・チェザック(Monica Czeszak)
monica.czeszak@
edelmansignifica.com

DACH
Riba:BusinessTalk
マイケル・ベイラウ(Michael Beyrau)
mbeyrau@riba.eu

EMEA およびアジア太平洋/日本
Sonus PR
シェバーン・セレシンヘ(Chevaan Seresinhe)
viavi@sonuspr.com

インド
Voila Communications
マニッシュ・シャルマ(Manish Sharma)
manish@voilacomm.net

中国
Archetype
ジェフ・パン(Geff Pan)
viavichina@archetype.cn

VIAVI Contacts

Press & Analysts

Amit Malhotra

Investor Relations

Sagar Hebbar
VIAVI Solutions