請負業者向け DOCSIS 3.1 テスト機器

特に請負業者のために設計された、コスト効率が良く、高耐久性、かつ正確な DOCSIS 3.1 テスト機器

働き者の請負業者は、高いサービスレベルおよび多様な環境での作業に対応できる耐久性と信頼性に優れたパッケージに収容された高度な機能を必要とします。高耐久性、耐水性、耐衝撃性構造、およびフィールド交換可能なバッテリーの搭載は、DICSIS テスターに対する信頼を高める要素の一部です。多機能で使いやすく、サービス計画やソフトウェア登録によってアップグレードしやすく DOCSIS 3.1 テスト機器を作業者のスキルとニーズに合わせて拡張できる「将来対応」の DOCSIS ツールがベストバリューだと言えましょう。 

DOCSIS 3.1 の詳細を見る


VIAVI からの最先端 DOCSIS 3.1 テスト機器

初期のケーブルネットワークに端を発する DOCSIS 機器は、過去 40 年間の進化を経て、同軸ケーブルが単にマルチチャンネル TV サービス用の一方向電線管だった時代には想像もできなかった性能レベルに到達しました。この基礎的なアーキテクチャは再発明を繰り返し、伝送速度とスループットが上昇を続ける中、ケーブル請負業者はその対応に奔走せざるを得ません。

DOCSIS テスターも、OFDM を全面的にカバーし、他の革新も十分カバーできるように、進化を続けてきました。適切な DOCSIS 3.1 テスト機器は、テスト方法が変化し続ける中で、請負業者が正確かつ便利に高品質のサービスを提供できる手段を提供します。幸いなことに、VIAVI 製 DOCSIS ツールは、今日の DOCSIS 3.1 ランドスケープのテスト要件を集合的に柔軟にカバーしており、これまで以上に多機能かつ強力になっています。

製品

ケーブルサービスプロバイダーと請負業者向けの安定したコンパクトな DOCSIS 3.1 敷設およびサービスメーター
エンジニアの(DSP または ONX)信号レベルメーターを使って漏れを検出しながら、このキットを利用して同軸ケーブルのホームネットワークを強化できます。
Seeker HL
The Seeker HL In-Home Leakage Evaluation System is a low-cost digital leakage solution that includes a dual-frequency tagged signal source, with a selectable output level and a discriminating leakage receiver that is designed to be extremely sensitive to leakage in both the Aeronautical and LTE Frequency Bands.
The first WiFi/wireless LAN analyzer built for installers at all skill levels with intuitive capabilities for rapid characterization, optimization, and troubleshooting of home WiFi networks.
自動ファイバ検査&分析プローブは、デスクトップコンピュータ、ノートパソコン、モバイル機器、VIAVIテストソリューションに合否機能を提供します。
StrataSyncは、VIAVI機器の資産管理、構成管理及び検査データのセンター集中管理を提供するクラウドベースのソリューションで、すべての機器に対し、最新のソフトウェアとオプションを確実にインストールします。
OneExpert CATV信号解析メータープラットフォームは、かってないほど簡単かつ高速、強力にネットワークパフォーマンスの検証とトラブルシューティングを可能にすることで、あらゆる技術者に専門家の能力を提供します。
業界初となるデジタルスペクトラムビデオアナライザとノイズトラブルシューティングを統合したプラットフォーム。集中型ケーブルアクセスプラットフォーム(CCAP)とリモートPHYの展開の課題に対処するように設計されています。

VIAVI で DOCSIS 3.1 テストの困難を克服

DOCSIS 3.1の多機能性は、光ファイバーネットワークに匹敵する超高速とスループットを提供することで、既存の同軸ケーブルネットワークの寿命を延長しました。1997 年に出現して以来、継続的な改善を経て DOCSIS は、ケーブル業界を改革してきた一方で、請負業者に新しい課題と機会を投げかけています。

DOCSIS 3.1 テスト機器の最新の展開に目を光らせ、投資収益率 (ROI) を最大化するために、ケーブル請負業者はコスト効率がよく、耐久性に優れ、効率的かつ正確なツールが必要です。DOCSIS テスターに対するこの無理な要求は、入手可能な DOCSIS 機器の適切な組み合わせを入念に選択することで満たすことができます。

DOCSIS 3.1 のスループット

DOCSIS 3.1 を使用すると、かつて選ばれたテレビのチャンネルを個別の契約者に搬送していたのと同じ物理ケーブルで、下り回線速度 10Gbps と上り回線速度 2Gbps までの伝送速度が実現できます。直交周波数分割多重方式 (OFDM) と低密度パリティチェック(LDPC)の前方誤り訂正は、この技術の躍進を実現させた 2 つの革新的な機能です。OFDM は、低ビットレートの複数のサブキャリアを使用し、互いに直交する信号を同時に伝送します。 

OFDM は直角位相振幅変調(QAM)を有効にすることで、より効率的になり、同量のスペクトラムで DOCSIS 3.0 に比べて大幅に高レベルのスループットを提供する 4K 変調に到達します。 

DOCSIS 3.1 のスループットと帯域幅の差は、有用な性能ベースラインを確立できるため、重要です。帯域幅は一定時間に伝送可能なデータ量(Gbps)であるのに対し、スループットは運用時に実際に転送されたデータレートまたは測定結果を指します。

帯域幅とスループットの差を狭めることは、性能を損ない、顧客の不満につながり得る、イングレスやケーブル損傷といった問題を素早く正確に診断する DOCSIS テスターを携帯する請負業者にとって実現可能な目標です。それにより、請負業者は診断時間とトラブル時のリピートコールを最小化することで自己のスループットを最適化できます。 

DOCSIS 3.1 診断ユーティリティ

DOCSIS テクノロジーが登場する前の、ケーブルネットワークの早期には、同軸ケーブルネットワーク経由での通信は通信事業者と消費者間の一方向通路でした。これらの早期システムの単純さと不具合モードの数の少なさにもかかわらず、知見の欠乏により、ケーブル請負業者の調査をサポートするのは顧客からの最初のコールのみでした。 

今日では、これらの回線全体にわたる高速二方向通信により、サービスプロバイダーの拠点からプロアクティブに検出できる変調エラーレートの高さやケーブルモデム信号レベルの低さ等によりリモートに手がかりを提供できることで、DOCSIS 3.1 診断ユーティリティの機能が拡張されています。 

リモート診断機能は、リモートに取得されたデータの範囲と精度は向上し続けてはいますが、問題の検出および解決において請負業者の役割を完全に置き換えるものでは決してありません。ケーブルや機器の損傷および重大な伝送問題には実際に出向いてトラブルシューティングする必要があります。今日のサービスの複雑さによりもたらされる多数の問題に対処できる、次レベルの DOCSIS 3.1 診断ユーティリティは、高レベルの DOCSIS テスターでのみ使用できます。 

信号解析メーター

OneExpert CATV 信号解析メーターは、例外的な速度、パワー、使いやすさで知られている高度な DOCSIS テスターに請負業者が切望する、高耐久性かつ将来対応の機能と属性を備えています。精密な OFDM-A 上り回線信号解析により、OneExpert は市場で最も高度な DOCSIS テスターの一つとなっています。高度な機能には、イングレスエキスパートモードを使用したイングレスの「ヒートマッピング」があります。これにより、下り回線とイングレスのテストを同時に実行できます。ループバック付き上り信号生成器は、ネットワークのゲインとロスの測定とアラインに使用できます。 

OneExpert の WiFi 接続により、StrataSync を介してテスト結果を素早くクラウドに接続・同期できます。OneExpert メーターは、信号、および 2.4GHz と 5GHz の外部 WiFi ネットワークの可用性を検証することもできます。デュアルデュプレックスフィルターによりメーターを現在のネットワーク構成に調整でき、AutoChannel 機能により現在のチャンネルラインナップを自動的に検出できます。OneExpert は標準的なワークフローモデルとともに StrataSync と Mobile Tech アプリを使用して、各作業に適したテストを選択します。 

信号レベルメーター

今日請負業者が使用できる DOCSIS テスターの中で、DSP シリーズのような高耐久性信号レベルメーターは、このような基本ケーブル敷設およびサービスアプリケーションにとって最も多機能かつ信頼性の高いものです。180 DSP メーターは、OFDM 信号解析、QAM キャリア測定、およびフォワードスペクトラム測定を含む、DOCSIS 3.1 テスト機能を実行できます。ラインナップ内のすべてのチャンネルの周波数応答を同時にスキャンしてプロットできます。 

DSP メーターは、手軽な価格、直感操作機能、および円滑かつ効率的な作業が可能なインターフェイスを通して、請負業者に並外れた価値を提供します。180 および 360 DSP 信号レベルメーターは、直感操作のカラータッチスクリーン、オートテストアプリ、および簡単な合否インジケータを通して容易に素早く敷設ができるように設計されています。暗がりでの作業が必要な場合のために、内蔵懐中電灯さえも装備されています。1G DSP メーターには、DOCSIS 3.1 テスト、CATV、ギガビットイーサネット、および光ネットワークのテスト機能が統合されています。 

StrataSync

ホストされた、クラウドベースのソリューションは、測定器ファームウェアおよびライセンスの更新、テスト機能の迅速な展開、リモート請負業者インターフェイスおよび管理のすべてをカバーするオプションにより、DOCSIS テスターのパワーと多機能性を拡張します。 

クラウドの優れたコンピューティングとメモリ性能により、テストルーチンの自動化と標準化、資産の管理、完了したテスト結果の素早いアップロードによる請負業者の書類業務の削減という、便利な機能を使用できます。StrataSync には年会費がなく、測定器オプションやファームウェアのアップデートが利用可能になると即時通知が送られます。

展開デジタルスペクトラムビデオアナライザ

VSE-1100 は、ケーブルアプリケーション特有のニーズに対応するためにゼロから築かれた、サービスレイヤーから物理レイヤーまでのテスト用の初の統合デジタルスペクトラムおよびビデオプラットホームです。VSE-1100 はまた、ケーブル請負業者の厳しい要求に合うように携帯性と耐久性が備わった、その種の機器のうちで最も小型で最も軽量な機器です。比類ない上り回線のトラブルシューティングと検証機能は、どのユーザーをも即時エキスパートにし、MTTR を下げます。VSE-1100 はまた、効果的な DOCSIS テスターでもあり、DOCSIS 3.1 OFDM キャリアの識別・測定、および全チャンネルのスペクトラムと MER 測定値のオンスクリーンディスプレイが可能です。 

WiFi のトラブルシューティング

家庭への WiFi の普及は、請負業者が受ける WiFi 関連のコール量の増加をもたらしています。請負業者の DOCSIS 3.1 テスト機器の蓄えを補強するために、この アプリケーション用に特別に設計されたアクセサリは、家庭内のすべての WiFi の性能とスループットを表示し、OneExpert などの DOCSIS ツールと完全に統合可能です。

WiFi Advisor を、グラフィカルインターフェイスを提供するために iPad と対にすると、カバレッジの問題、近隣にある強度の大きい信号からのノイズ、および混み合った WiFi 環境につきものの使用率問題を診断できます。SmartChannel ウィザードは、これらの一般的な問題カテゴリーに基づいてすべてのチャンネルの性能をインテリジェントに評価・提示し、ユーザーに推奨事項を提案します。

ファイバーマイクロスコープ

ファイバー端面の検査と認証は、請負業者や作業者にとって重要な機能です。コンパクトで信頼性の高い合否結果を提供する、スペースを取らず携帯性に優れたファイバーマイクロスコープは、どのようなツールセットにも価値を付け加えます。 P5000i ファイバーマイクロスコープには、ノート PC、モバイルデバイス、および他の VIAVI テストソリューションに接続できる便利な USB ケーブルインターフェイスが備わっています。 

小型サイズにもかかわらず、P5000i はファイバー端面のプリセット基準を解釈し、即時、合否判断と採点結果を提供することで、請負業者のトラブルシューティングを支援し、当てずっぽうを排除します。高低倍率設定を問わず画面の中央ではっきり見えるように、ファイバーの画像を自動的に中央揃えします。

宅内の漏れ

ユーザー拠点での信号漏れの検出には、インテグリティのシールドと LTE 信号からの干渉のないことを確定するために、高レベルの感度が必要です。ケーブルシステムへのイングレスは、DOCSIS 3.1 が高度な変調を効果的に行うことを妨げます。Seeker HL は、138MHz で 0.1uV/m の感度を持つ、低コストの DOCSIS テスターです。インテグラルアンテナは、宅内からの微小漏れ源を検知し、漏れへの近さを示す音を発します。Seeker HL による圧力テストも、OneCheck の自動プロセスを使用して実行できます。

TDR

時間領域反射測定(TDR)は OTDR の電気版と見なすことができ、レーザー光パルスではなく低電圧の電気パルスを発した後、反射された信号のインピーダンスを使用して、損失イベントの位置と程度またはケーブルに沿った干渉を確定します。TDR テクノロジーは DOCSIS テスターに理想的で、ケーブルサービスプロバイダーや請負業者が特有の盲点なく破断や障害箇所を突き止めるために効率的な機構を提供します。DSP TDR は「ステップ」テクノロジーを使用して、信号を連続的に送信・監査します。テスト結果を StrataSync クラウドベースソリューションにアップロードすることで、請負業者は即時、作業の完了を文書化し、支払いまでの時間を短縮できます。 

VIAVI の DOCSIS 3.1 についての詳細を早速入手しましょう!

VIAVI の DOCSIS 3.1 テスト製品またはソリューションで次の一歩を踏み出しませんか? 下記フォームの一つに記入して、さあ始めましょう!

詳細を見る

ポスター

Optimizing DOCSIS 3.1 - Free Poster

ブログ

DOCSIS 3.1 Fundamentals – DAA Ready

DOCSIS 3.1に関する見通し

あらゆるステップでのサポート

VIAVIは、サポート、サービス、総合的なトレーニング、お客様が必要とするリソースを提供しています。これはすべて、お客様のVIAVIへの投資価値を最大化するために当社が日頃より行っていることです。

最適な総所有コスト(TCO)を実現するためにお客様のVIAVIシステムソリューションおよび機器ポートフォリオを補完する付加価値サービス

カスタマーサービスは、商品返品承認(RMA)番号を発行して修理や校正サービスを行います

新製品や既存のツールで作業を行う技術者に向けた技術教育ソリューション、製品トレーニングおよびブレンド型学習

技術支援センターは、製品の活用や設定の支援、製品の性能上の問題に対処します

エキスパートに尋ねる

詳細、価格のお見積りについてお問い合わせください。Viaviのエキスパートがお客様のあらゆる質問にお答えします。