FiberComplete PRO

単一ファイバー接続とボタンの一押しで初回にファイバー受入テストに合格

どのようなタイプの光ファイバーネットワークの構築・認証も効率化でするデザインの完全自動化ファイバーテスト機能

Fiber Complete Pro

FiberComplete PRO™ は、フィールド作業者がファイバーリンクを迅速、確実、かつコスト効率よく認証およびトラブルシューティングできるようにするファイバーテストおよび認証機能のスイートです。 

初心者あるいは経験者であるかを問わず、すべてのファイバー作業者が必要とするすべての機能を 1 つの簡潔で迅速なソリューションで提供し、自動化とテストシーケンスを強化して、ファイバー受入テスト時間を最大 80% まで短縮できます。 

効率的なワークフローと単一テストポート接続およびキーの一押し操作により、処理効率と収益を最大化します。
必要な全ての受入テストの測定、特に双方向テストを管理し、1 芯または多芯ファイバー用に自動的にテストをシーケンシングします。

手作業とステップ数を最小化し、手順のコンプライアンスを推進して、オペレーショナルエクセレンスを提供します。

特長

  • テスト手順
  • 自動双方向プロセス、単一テストポート、ボタンの一押し(特許取得済み)
  • 被試験ファイバー(FUT)を介してオートテスト構成/セットアップおよび結果の交換用データリンク(特許出願中)
  • インスタント双方向 OTDR イベント損失分析 TrueBIDIR(特許取得済み)
  • 完全双方向認証 - IL & ORL & OTDR – 1 分 10 秒
  • 多芯ファイバーケーブルのファイバーケーブル管理による高度なテストシーケンシング
  • 自動ファイルストレージおよびオンボード(.pdf)レポート生成 

利点

  • 作業の早期完了/テスト時間の短縮、最速のフル双方向ファイバー認証ソリューション
  • コールバックやリピートを減らし、テスト後すぐに是正/修理
  • 現場外作業、後処理、審査時間を排除(後処理不要)
  • プロセスの複雑性/手作業およびエラーのリスク(セットアップ/テスト)を排除 
  • 作業者やコントラクターのワークフロー効率と一貫性
  • ネイティブ多芯ファイバー光コネクターのサポートによりファンアウトケーブル使用を回避 
  • レポートの直接提出/クラウドへのアップロード(StrataSync TPA スイート)
Improve Operational Efficiency

運用効率の向上 

  • テストと認証の時間を短縮して、ネットワークの構築/拡張を時間どおりに提供できます。 
  • マルチファイバーテストを自動化し、手動プロセスをなくします。
  • 単一テストポート、ボタンの一押し、統合データリンク 
Ensure Network Reliability

ネットワークの信頼性確保 

  • ファイバーリンクが要求される仕様に基づいて構築されていることを証明  
  • 正確な双方向測定
Perform immediate corrective action

その場で是正処置を実施でき、コールバックを削減

  • オンボードリアルタイム双方向解析 
  • 各テストシーケンスでの「真の」イベント損失の結果
Ramp Up New Fiber Tech Faster

新任ファイバー作業者の習熟期間の短縮

  • プロセスの複雑さを取り除き、ヒューマンエラーを抑制
  • セットアップからテストの最適化、レポート生成までのプロセスの簡素化
Test Process Automation

テストプロセスの自動化
エキスパートレベルのテスト結果を提供し、毎回初回でプロジェクトを完了できます。TPA はワークフローを最適化し、エラーが発生しやすい手作業をなくし、ジョブの終了、チームの進捗状況の更新、ネットワークの健全性分析に関する即時データレポートを自動作成するクローズドループテストシステムです。効率的にジョブを実行して、高品質のネットワーク構築、迅速なターンアップ/アクティベーション、および運用の可視性の向上を実現します。

損失テスト – 障害検出機能を備えた自動双方向 IL、ORL テスト

業界最速のこの損失テストアプリケーションは、ファイバーリンク認証(Tier 1)と障害検出測定の基本セットを提供します。1 台の測定器の 1 つのテストポートに 5 つの測定機能(光源、パワーメーター、光損失テストセット、ORL メーター、フォルトファインダー)を組み込み
  • 完全に自動化された双方向テストプロセス 
    • 挿入損失
    • ORL
    • 長さ
  • 導通試験
  • 2 波長テスト 4.5 秒
  • フォルトファインダー 
     

TrueBIDIR とループバック – オンボードリアルタイム双方向 OTDR 分析

TrueBIDIR アプリケーションは、オンボードおよびリアルタイムの双方向 OTDR 結果分析を提供する業界初のソリューションです。双方向 OTDR 分析は、ファイバーリンク上のすべてのイベントに関する損失情報を結合し、測定値を平均して、より正確な「真の」損失測定値を提供します。

  • End-to-End の双方向およびループバックテストプロセス
  • オンボードリアルタイム双方向 OTDR 分析
  • 平均化された「真の」OTDR イベント損失
  • 2 波長テストとオンボード結果処理に約 1 分

FiberComplete – 双方向 IL、ORL、単方向/双方向 OTDR

FiberComplete™ は、すべての基本的なファイバー認定テスト(Tier 1 および 2)を完全に自動化する最初のアプリケーションです。1 台の測定器の 1 つのテストポートに 6 つの測定機能(光源、パワーメーター、光損失テストセット、ORL メーター、フォルトファインダー、OTDR)を組み込んで

  • 完全に自動化された双方向テストプロセス
    • 挿入損失
    • ORL
    • 長さ
    • TrueBIDIR 解析機能を備えた OTDR
  • 導通試験
  • インテリジェント OTDR テスト構成
  • 2 波長テストとオンボード結果処理に約 1 分、単方向 OTDR テストはそれより短時間
  • テスト結果とレポートの統一命名構造

ファイバー芯数が多い – ファイバーケーブル管理による双方向テストシーケンシングの自動化

ファイバー芯数が多いため、すべての双方向テスト機能を拡張し、高密度ファイバーケーブルのテストシーケンスを自動化できます。ボタンの一押しと単一テストシーケンスで複数ファイバーを認証でき、認証試験とレポーティングの時間を 80% 以上短縮できます。

  • 双方向テストプロセスの完全自動化
    • 挿入損失
    • ORL
    • 長さ
    • TrueBIDIR 解析機能を備えた OTDR
  • MPO ケーブルの極性(タイプ A、B、または C)とリボンマッピングによる導通試験
  • 2 波長(12 ファイバー)テストおよびオンボード結果処理を約 13 分で完了
  • 光ファイバーケーブル管理

すべての FiberComplete PRO アプリケーションは、単一テストポート接続を使用し、それに続くボタンの一押しでテストを構成および実行し、事前定義された命名構造で結果を保存し、すべての被試験波長の統合レポートを生成します。 結果は、プロジェクトのリアルタイム進捗状況、各被試験ファイバー(またはケーブルバンドル)の合否ステータスの概要が単一「ケーブル」ビューに表示されます。


まずはスタート

製品デモに興味がおありですか? 詳細、価格のお見積り、ご購入方法についてお問い合わせください。