Switch - スイッチ・ヘンチトップ/ラックマウント プログラマブル

Programmable benchtop/rack-mount switches that can be controlled from front panel keys and numeric pad or via GPIB and serial RS232 interface.

VIAVI ベンチトップ/ラックマウント・プログラマブル・スイッチのSB、SCシリーズは、フロント・パネル・キーと数字キー、またはGPIB とシリアルRS232 インターフェイスを使用して制御できます。SCG シリーズのグループ化された入力スイッチにより、低損失を維持しながら、1 つのスイッチ機器で複数のスイッチ素子の機能を提供できます。このスイッチのシリーズでは、入力が特定の順序で1 か所にまとめられており、3種類の操作モードを使用できます。 SB、SCシリーズのスイッチは、次の3つの基本構成で使用できます。

  • C 構成ー単一共通入力モデルです(SB、SC)。
  • D 構成ー入力ファイバから出力ファイバへのバンクの同時接続を提供します(SB、SC)。
  • E 構成ー任意の入力から任意の出力に接続できます。その他の入力/出力は、最初の接続の結果として隣接するチャネルに揃えられます。このモードではスイッチがブロックされず、その他の入力/出力は揃えられます(SB、SC)。

これらのスイッチの操作は、VIAVI の実績ある拡大ビーム・レンズ・テクノロジに基づきます。このテクノロジでは、精密ステッピング・モーターを使用して光チャネルを調整します。光軸調整レンズを使用すると、挿入損失(IL) が最小限に抑えられ、再現性とパフォーマンスが向上します。スイッチ開閉装置の内部温度制御により、優れた安定動作が保証されます。 SB、SCシリーズのスイッチでは、シングル・モード(SM) とマルチ・モード(MM) の両方を使用できます。このシリーズの特徴は、研究開発環境や製造環境でのマルチ・ユニット・テストに必要な高レベルのパフォーマンスが得られる点です。コンパクトで携帯可能なSBスイッチ、ラック・マウント対応SCスイッチはテレコミュニケーション、製造部門及びテスト環境におけるアプリケーションに最適です。

アプリケーション

  • 光ファイバ部品のテストと測定
  • システムのテスト
  • 研究開発(R&D)
  • SCG シリーズを使用した、多数の入力/出力の一括再構成(D 構成)
  • SCG シリーズを使用した、複数の波長光源から多数のデバイスのうちの1 つへの接続(F 構成)
  • ネットワークの監視

主要機能

  • SB/SC シリーズ
    • SB シリーズでは、48 チャネルまで対応可能で、最大2 個の入力チャネルを提供
    • SC シリーズでは、180 チャネルまで対応可能で、最大4 個の入力チャネルを提供
    • 低IL (通常値: 0.4 dB)
    • 優れた再現性(通常値: +/- 0.003 dB)
    • 高反射減衰量(RL) (通常値: 65 dB 以上)
    • GPIB およびRS-232 経由のリモート制御
  • SCG シリーズ
    • 最大45 個の入力チャネルと最大90 個の出力チャネルを提供
    • 入力の一括再構成が可能
    • 低IL (D 構成の通常値: 0.5 dB)
    • 高反射減衰量(RL) (通常値: 65 dB 以上)
    • 優れた再現性(通常値: +/- 0.005 dB)
    • 1 つのスイッチ機器で、複数のスイッチ素子の機能を提供