タイムドメインリフレクトメーター(TDR)

VIAVI のトップ TDR テスト&測定機器を試してみてください

VIAVI の TDR: 正確でポータブル型

VIAVI は TDR テクノロジーを次のレベルに引き上げました。最先端の DSP-TDR のデモを今すぐご依頼ください。当社の将来対応のソリューションが、従来の TDR よりもいかに迅速かつ効率的にネットワークのテスト、保守、およびトラブルシューティングに役立つかをご覧いただけます。

クリックして、TDR のリソースを検索してください

製品

dsp
The DSP TDR precisely locates cable breaks or faults to get service back online as soon as possible.
Consistently achieve high-performance results when deploying fast broadband service to the home.
OneExpert CATV信号解析メータープラットフォームは、かってないほど簡単かつ高速、強力にネットワークパフォーマンスの検証とトラブルシューティングを可能にすることで、あらゆる技術者に専門家の能力を提供します。
StrataSyncは、VIAVI機器の資産管理、構成管理及び検査データのセンター集中管理を提供するクラウドベースのソリューションで、すべての機器に対し、最新のソフトウェアとオプションを確実にインストールします。

タイムドメインリフレクトメーター(TDR)とは

タイムドメインリフレクトメーター(TDR)は、ケーブル上でエネルギーパルスまたはステップを生成し、導電性ケーブル上の破損、スプライス、終端、またはその他のイベントの位置と大きさを決定するテストデバイスです。インピーダンスの不一致により、TDR テストデバイスへの反射が発生し、解析が可能になります。

反射エネルギーのタイミング、位相、振幅に応じて、障害の位置と性質を正確に決定できます。光ファイバーケーブル配線の特性評価に使用される光タイムドメインリフレクトメーター(OTDR)と同様に、TDR は反射エネルギーを解釈して、伝送ラインまたは同軸ケーブル配線をグラフィカルに表現します。

タイムドメインリフレクトメーターのアプリケーション

TDR のアプリケーションには、従来の通信用途だけでなく、その他の新しい多様な機能もあります。光ファイバーリンクが拡大したことで、既存の同軸ケーブルは、DOCSIS などの新しい技術革新により、最新のインターネットおよび通信経路に必要な速度と帯域幅のパフォーマンスが大幅に向上し、引き続き存続可能になりました。

タイムドメインリフレクトメーターを使用すれば、長いケーブル配線をテストして破損の位置を正確に判断できるため、コストのかかるケーブル修理(掘削を含む)の規模や頻度を削減し、不要なスパン交換を最小限に抑えることができます。 

また、電気通信分野では、TDR ケーブルテスターは予防保守アプリケーションにも非常に役立ちます。腐食、絶縁損傷、湿気の侵入、その他の摩耗インジケータなどの問題は、事前に検出することができます。 

TDR テクノロジー

タイムドメインリフレクトメーターは 1980 年代に開発されて以来、同軸ケーブルのインフラが老朽化し、TDR 測定のアプリケーションが多様化するにつれてますます有用なテクノロジーとなっています。TDR の基本的な動作原理はレーダーに似ています。これは、観察された反射信号から情報を取得するために、ケーブルにインシデント信号が導入されるためです。

  • インピーダンス

    インピーダンスとは、電圧が加えられたときに材料が電流を流す反発の値をオーム(Ω)で測定したものです。抵抗とは異なり、インピーダンスの結果は測定の大きさだけでなく周波数にも依存します。ケーブルの損傷、ケーブルの種類の変更、製造上の欠陥、水の浸入はすべて、TDR テストデバイスサンプラーに反映することができるロケーション固有のインピーダンスの変化を引き起こします。ケーブルの特性インピーダンスと反射インピーダンスの差を使用して、欠陥の性質と大きさを判断できます。

    ケーブルリンク全体のインピーダンスが均一である場合、誘導反射は発生しません。これは、回線の連続性と完全性が中断されないことを意味します。イベントが検出された場合は、TDR ケーブル障害ロケータによってケーブルの伝播速度(信号が特定の導体材料を通過する公称速度)に関する反射サイクル時間を分析することによって、位置を割り出すことができます。

  • パルス幅

    パルス幅(通常はナノ秒(ns)単位)は、誘導された低電圧信号の持続時間です。パルス幅を長くするとエネルギーも大きくなり、ケーブル上をさらに長く伝播することができるようになります。タイムドメイン計のパルス幅が短いほど、特に TDR ケーブルテスターに比較的近いイベントについて、より詳細な情報が得られます。また、パルスが短いほど、死角の影響も最小限に抑えられます。死角とは、インシデント信号と反射信号が重なって障害が見えなくなるパルス TDR ステップジェネレータの近くの領域です。

TDR 測定

タイムドメインリフレクトメーターを使用したテストは、技術と機能が向上したため、より強力で直感的になりました。TDR テストは通常、いくつかの基本的なセットアップ機能から始まります。ケーブルの種類とゲージに基づいて、適切な伝播速度を選択する必要があります。レガシー TDR テクノロジーを使用する場合は、テストするケーブルの長さ(推定)に基づいて、範囲とゲインも設定する必要があります。通常、この長さはメインビュー画面に表示され、ディスプレイの下部には事前に設定された距離マーカーが表示されます。

反射が検出された場合は、カーソルを画面上のインピーダンス変化領域に移動するか、より高度な TDR テスト機器ではオンスクリーンイベントリストを使用して、その大きさと位置を決定できます。マーカーを使用して、イベント間の距離または単一の障害の長さを決定できます。TDR アナライザーのストレージ機能は、ケーブルトレースを既知の良好な(基準)ケーブルまたは以前の測定値から保存された同じケーブルトレースと比較する場合に役立ちます。

パルス TDR
パルス TDR は、最も一般的に使用されるタイムドメインリフレクトメーターです。定義されたパルス幅生成のサイクルに続くデバイスが反射信号を「聞き取る」シャットオフ期間を使用します。パルス幅が長いほど、反射信号が戻るために必要なシャットオフ時間が長くなります。 この制約があるため、一般にはケーブル長を考慮してパルス幅を調整することは可能ですが、パルス幅を短くすると、長い距離での分解能は低下します。 パルス TDR アナライザーでは、出力伝送レベルは比較的低く、大きな死角があり、分解能も低くなります。

ステップ TDR 
より高度なステップ TDR は、パルス TDR の制約に対応したものです。ステップ技術により、TDR 測定機器は反射信号を同時に監視および分析しながら、信号を連続的に送信することができます。ステップ TDR はより高い伝送出力で動作するため、信号ノイズ比が向上します。デジタル平均化により、テスト結果を損なう可能性のあるライン干渉の影響が最小限に抑えられ、障害解決の可能性も高くなります。 パルス TDR に対する優位点として、死角を排除できる点もあります。

TDR テスト機器

かつてはラボグレードの測定器でしか使用できなかった精度と感度を備えたポータブル型の TDR テスト機器は、さまざまな目的でコスト効果の高いソリューションを提供します。Wi-Fi 接続とクラウド対応のデータ管理により、TDR アナライザーの速度、汎用性、シンプルさに対する期待を常に上回ることができます。

VIAVI は、ケーブルネットワークメンテナンスワークグループ向けに設計された耐久性の高い ハンドヘルド DSP TDR に、ステップ TDR の高度なテクノロジーと精度をもたらしました。高性能にもかかわらず、DSP TDR はボタンを押すだけで画面上のイベントリストを表示できる使いやすいインターフェイスも備えています。この便利な機能により、カーソルを使用してイベントの場所を手動で特定するする必要がなくなります。

ビルトインの Wi-Fi アダプターにより、意思決定者とのシームレスなコミュニケーションが可能です。StrataSync のクラウドベースの管理ソリューションを使用すると、データを簡単にアップロード、分析、保存し、将来使用することができます。

汎用性の高い多目的フィールドテストプラットフォームには、さまざまなアプリケーションに適した便利なタイムドメインリフレクトメーター機能も含まれています。ローカルループテストでは、OneExpert DSL は Wi-Fi、ファイバー、 xDSL、メタル線テスト機能を 1 つの高性能テストソリューションに統合しています。電話会社のワークグループの場合、OneCheck TDR 機能はツイストペア障害の種類と場所をすばやく簡単に識別し、1 つのボタンで選択することができます。OneCheck には、TDR 自動化機能も含まれており、ジョブの文書化と完了を簡単にします。

ケーブルの設置とサービス向けの OneExpert CATV は追加のハンドヘルドネットワークパフォーマンステストプラットフォームで、オプションのホーム TDR 機能(タップしてホームテストを行う)と StrataSync 経由の便利なクラウド接続機能を備えています。このオールインワンのポータブル型テストソリューションは、DOCSIS 3.1 のアクティベーションとパフォーマンステスト、入力と下り回線の同時テスト、およびオプションの宅内漏れテストを効果的に実行できます。優れたモジュール性と自動化を備えた包括的な機能セットは、WiFi、PONRFoG、イーサネットサービスのアクティベーションとトラブルシューティングもサポートします。

TDR の将来

既存の同軸リンクを使用して速度と帯域幅のパフォーマンスを向上させる新世代の DOCSIS テクノロジーによって、通信分野における TDR の将来は保証されていると言ってよいでしょう。Step TDR の組み込みとクラウド接続による VIAVI 製品の機能追加により、フィールドにおけるタイムドメインリフレクトメーターソリューションの全体的な効用が大幅に改善され、優れた長期的価値がもたらされることになりました。

高度な TDR 測定機器により、VIAVI は今後も引き続き重要な通信経路のテスト、保守、およびトラブルシューティング用の最先端で将来を保証されたソリューションの提供に取り組んでいきます。

詳細を見る

ブログ

Step vs. Pulse Technology

データシート

DSP-TDR: Quick, Accurate Cable Break/Fault Location

ブログ

Five Big Reasons Why You Should Look at a New TDR

あらゆるステップでのサポート

VIAVIは、サポート、サービス、総合的なトレーニング、お客様が必要とするリソースを提供しています。これはすべて、お客様のVIAVIへの投資価値を最大化するために当社が日頃より行っていることです。

サービス

最適な総所有コスト(TCO)を実現するためにお客様のVIAVIシステムソリューションおよび機器ポートフォリオを補完する付加価値サービス

カスタマーサービス

カスタマーサービスは、商品返品承認(RMA)番号を発行して修理や校正サービスを行います

トレーニング

新製品や既存のツールで作業を行う技術者に向けた技術教育ソリューション、製品トレーニングおよびブレンド型学習

技術アシスト

技術支援センターは、製品の活用や設定の支援、製品の性能上の問題に対処します

エキスパートに尋ねる

詳細、価格のお見積りについてお問い合わせください。Viaviのエキスパートがお客様のあらゆる質問にお答えします。