シングルファイバー挿入損失&反射損失システム(mOLM)

MAP シリーズ用 PCT-rm アプリケーションフレームワーク搭載 mOLM-C1

PCT-rm は、ラボと製造でのシングルファイバーコネクターアプリケーションを対象とする MAP-220 ベースの挿入損失(IL)および反射損失(RL)に対するソリューションです。

Single Fiber Insertion Loss & Return Loss System

VIAVI RM および RX メーターの TechComplete Home 認定テストソリューションを使用してクラシックの伝統を継承した PCT-rm は、業界標準の光連続波反射(OCWR)テスト方法を採用しています。特許取得済みのリアルタイム測定エンジンにより、測定波長の数に依存しない測定パフォーマンスと速度を実現します。生産スループットは、測定要件に関係なく最大化されます。フルレンジのパワーメーターコネクターアダプターにより、あらゆる接続アプリケーション用に構成できるようになっています。

PCT-rm は、パッシブコンポーネントと光コネクター用の拡張 MAP LightTest ファミリーの一部です。LightTest シリーズは、VIAVI MAP システムのパワーをフルに活用する、アプリケーションごとに特化された統合テストソリューションを提供します。Light Direct モジュールの特化モジュールとアセンブリで構成されています。

特長

  • IL と RL 用のリアルタイム高再現性システム
  • PCT コントロールセンターはデータ管理とレポート印刷をしやすくする PC アプリケーション
  • イーサネットおよび GPIB に対応するように設計された、設置面積の小さい卓上型メインフレーム 
  • モジュール式設計で、マルチモード(EF 準拠)、シングルモード、およびチューナブルソースをサポート
  • シングルファイバーコネクターの製造およびコネクタおよびシンプルなブロードバンドパッシブコンポーネントの適格性テストに最適
  • コンパクトなシステムで IL & RL テストに必要なすべての機能を提供

アプリケーション

  • シングルファイバーコネクターの製造
  • コネクターと簡単なブロードバンドパッシブコンポーネントの適格性テスト

主な特徴 

  • MAP-220C シャーシ内で mOLM-C1 測定モジュールと mSRC-C2 ソースモジュールを組み合わせ
  • 2 スロットの卓上型シャーシにより、ユーザーはより広範な MAP シリーズシステム機能にフルアクセスが可能
  • 大型(3.5 インチ)、多言語対応、カラータッチスクリーン
  • LXI 準拠の LAN 接続性
  • イーサネットまたはオプションの GPIB インターフェイスを介した SCPI ベースのリモートコマンド
  • PC ベースの資産管理ツールを使用することにより、リモートネットワークドライブにデータを収集して一元的に保存する機能を強化
  • 複数の USB ポートにより、USB フットペダルデバイスの統合が可能になり、製造者にとってシンプルでありながら人間工学に基づいたソリューションを実現

安全性に関する情報

  • CE、CSA/UL/IEC61010-1、LXI クラス C 規格に準拠、IEC 60825-1(2014)クラス 1M 要件を満たし、21 CFR 1040.1 準拠(2001 年 7 月のレーザー通知 No. 50、に基づく逸脱を除く)

まずはスタート

製品デモに興味がおありですか? 詳細、価格のお見積り、ご購入方法についてお問い合わせください。