Xgig M.2、PCI Express 4.0 用の 4 レーンインターポーザ

PCI Express® 4.0 用の M.2、4 レーンインターポーザは、M.2 SSD 開発用に最適化設計されたアクティブインターポーザです。

Xgig M.2-Server, 4-lane Interposer for PCI Express 4.0

PCIExpress® 4.0 用の VIAVI ソリューションズの M.2、4 レーンインターポーザは、M.2 SSD 開発用に最適化して設計されたアクティブインターポーザです。このインターポーザにより、M.2 PCIe SSD とホストシステム間の通信のプロトコル分析が可能になります。サーバー、ワークステーション、デスクトップ、ノートブック PC、およびその他のシステムタイプでの使用をサポートします。4 つのレーンのそれぞれの双方向 PCIe 4.0 プロトコルデータは、分析のために最大 16GTps の速度でキャプチャされます。

主な特徴

  • PCIe 4.0 のデータレートで最大 16GTps で動作
  • 2.5、5.0、および 8.0GTps の PCIe Gen-1、Gen-2、および Gen-3 のデータレートと下位互換
  • 最大 4 レーンの PCIe リンクをサポート
  • M.2 PCIe SSD DUT はインターポーザに直接接続
  • M.2 カードタイプ 2230、2242、2260、2280、および 22110 をサポート
  • PCB 付きのカスタムケーブルは、ホストシステム DUT に接続
  • データパスは、高速リニアリドライバーを使用して、チューニングをほとんどまたはまったく行わずに良好な信号キャプチャを保証
  • アナライザー接続用の 2 本の高品質 SFF-8764 相当のカスタムケーブルが付属
  • アナライザーのサイドバンド信号キャプチャおよびトリガーをサポート
  • インターポーザのパワーは、ホストシステムから独立
  • 120/220 AC 入力、12V/3A DC 出力コンバーターが付属
  • VIAVI Xgig 4K4 および 4K16 PCIe4.0 アナライザー/ジャマーシャーシと連携して動作
  • フィルタ、トリガーなどを使用したトレースキャプチャ用の VIAVI Xgig アナライザーツールでサポート
  • Xgig Expert™ とシームレスに統合して、問題とパフォーマンスの分析を実施

まずはスタート

製品デモに興味がおありですか? 詳細、価格のお見積り、ご購入方法についてお問い合わせください。