Xgig U.2 サーバー、PCI Express 4.0 用の 4 レーンインターポーザー

VIAVI アナライザーに入力するための U.2 NVMe SSD データ信号へのホストシステムのタップを提供

Xgig U.2B-Server, 4-lane Interposer for PCI Express 4.0

PCI Express® 4.0 用の VIAVI ソリューションズの Xgig U.2 サーバー、4 レーンインターポーザーは、高密度ストレージサーバーでの NVMe SSD 動作の開発、デバッグ、およびパフォーマンスチューニング用に最適化されたアクティブインターポーザーです。4 レーンの双方向 PCIe 4.0 プロトコルデータは、16GTps でキャプチャして分析できます。インターポーザーは、4 レーンの 1 リンク、または 2 レーンの 2 リンクのいずれかをサポートします。PCIe 信号の SFF-TA-1001 接続規格に準拠しています。

アプリケーション

  • PCIe 4.0 のデータレートで最大 16GTps で動作
  • 2.5、5.0、8.0GTps の PCIe データレートと下位互換
  • 4 レーンの 1 リンク、または 2 レーンの 2 リンクをサポート
  • NVMe SSD DUT(付属していません)はインターポーザーに直接接続
  • データパスは、高速リニアリドライバーを使用して、チューニングをほとんどまたは全く行わずに良好な信号キャプチャを保証
  • アナライザーシステム接続用の高品質のカスタム SFF-8764 ケーブルが付属
  • サイドバンド信号のキャプチャとトリガーをサポート
  • 付属のパワーブリックにより、インターポーザのパワーはホストシステムから独立
  • VIAVI Xgig 4K4 および 4K16 PCIe4.0 アナライザー/ジャマーシャーシと連携して動作
  • 柔軟なフィルター、トリガーなどを使用したトレースキャプチャ用の VIAVI Xgig 分析ツールでサポート
  • リンクトレーニング、ネゴシエーション、およびその他のデータの一貫した反復可能なキャプチャを提供

まずはスタート

製品デモに興味がおありですか? 詳細、価格のお見積り、ご購入方法についてお問い合わせください。