MAP パッシブユーティリティモジュール(mUTL)

MAP パッシブユーティリティモジュール(mUTL-C1)は、カプラ、スプリッター、Mux/Demux モジュール、バンドパスフィルタなどのさまざまなパッシブ光デバイスを提供し、これらのデバイスを自動テストシステムに簡単に統合できるようにします。

MAP Passive Utility Module (mUTL)

マルチアプリケーションプラットフォーム(MAP)のパッシブユーティリティモジュール(mUTL-C1)は、パッシブ光コンポーネントを大規模な自動テストシステムに機械的に統合することを容易にするように設計されています。シングルモードおよびマルチモード光カプラ、40G および 100G イーサネット用の Mux/Demux モジュール、ASE スペクトラムを形成するためのクワッド波長フィルタ、およびユーザーが用意したコンポーネントを機械的に取り付けるためのバルクヘッドアダプタ専用モジュールなど、さまざまなパッシブデバイスを取り揃えています。すべてのモジュールは、6 種類の光コネクタータイプのいずれかで使用できます。

特長

  • 光ファイバーカプラ、スプリッター、Mux/Demux コンポーネントを機械的に堅牢に統合し、大規模な統合テスト環境に統合
  • 12 個のバルクヘッドコネクターを備えたコンパクトな設計により、最大 4 個の 3 ポートカプラをパッケージング
  • ユーザーが用意するコンポーネントの装着用のバルクヘッド専用のバージョン用意
  • シングルモードまたはマルチモードコンポーネントオプション
  • マルチモードコンポーネントは、モーダルトランスペアレント
  • 100GE などの次世代イーサネット形式の WDM 信号の個別レーンテストに最適

アプリケーション

  • 光通信テストの自動化
  • パワーおよびスペクトラム測定用の信号のインラインタップ
  • パッシブコンポーネントテスト用のパワーリファレンスブランチ
  • パラレルテストアプリケーションの信号分割

まずはスタート

製品デモに興味がおありですか? 詳細、価格のお見積り、ご購入方法についてお問い合わせください。