ファイバー監視

業界トップの光ファイバー監視システム

リモートファイバーテストとファイバー監視(RFTS)

Construction & Provisioning
構築とプロビジョニング

Infrastructure Monitoring
インフラ監視

Monitoring Maintenance
監視と保守

Network Security
ネットワークセキュリティ


ファイバー監視とは

ファイバー監視とは、統合ファイバー監視・管理システムを構成するソフトウェアツールとデバイスを使用したファイバー品質の継続的な評価を指します。これらの要素の統合により、障害、劣化、セキュリティ侵入を容易に検出でき、光ファイバーネットワークのインテグリティに対する脅威が発生したときにシステム管理者にリアルタイムで警告します。

監視システムを使用して、経時的な減衰やその他の光ファイバー性能メトリックスをプロアクティブにトレンド評価・分析することもできます。

ファイバー監視の必要性

光ケーブルは、コネクテッドプラネットの通信インフラをサポートします。この同じ光ケーブルは本来的に脆く、水の浸入、掘削間違い、げっ歯動物の侵入、セキュリティ侵害、その他の多くの潜在的な危険の影響を受けやすくなっています。最適なファイバーの状態とパフォーマンスを維持するには、問題を迅速に特定して対応するための高度なファイバー監視手法が必要です。

新しいテクノロジーとネットワークの拡張により、光ファイバー監視機能の限界が押し上げられ続けています。海底ケーブルは、海底の海溝に敷設された非常に長い光ファイバー路で、1日あたり200キロメートル以上の速度で特殊な船によって敷設されます。これらの光ファイバー回線の価値は明らかですが、それの敷設と保守にかかる費用は相当な額になる可能性があります。問題が発生した場合、欠陥を調査して修理するためにダイバーやロボット船が必要になる場合があります。信頼性の高いファイバー監視により、早期の検出と正確な位置特定機能が実現し、対応と修理時間が短縮されます。

光ファイバーは、従来の同軸ケーブルと電話線によってかつて支配されていた領域を奪い続けています。ファイバー・トゥ・ザ・ホーム(FTTH)は現在、より一般的になりつつあり、個々の家庭へ直接光ファイバー回線を接続することにより、ユーザーの利用できる帯域幅が広がり、データのインテグリティが向上します。光ファイバーの到達範囲を拡大することは避けられないため、光ファイバー監視システムは、ソースから加入者に至るまでのファイバー障害を正確に検出できる必要があります。

アクティブなファイバー監視

毎年、不正侵入やデータ盗難事件の報告件数が増え続けており、光ファイバーのセキュリティに関する懸念はますます現実の問題となっています。光ファイバーケーブルは一般に、従来のケーブルよりも安全であると見なされていますが、ファイバータッピング事件は当局とファイバー監視システムの能力に挑戦し続けています。

漏れを誘発するための光学スプリッターまたはファイバーベンドの導入を含むタッピング技術は、検出を逃れる方向に進化し続けています。データの暗号化は、このような侵入に対する明らかな防御の第一線ですが、ファイバー監視テクノロジーを使用して、犯人が偽装しようとする光フィードバックの変化を特定することもできます。

最小限のハードウェアインフラを追加するだけでセキュリティを強化できるファイバー監視への革新的なアプローチの 1 つが、アクティブファイバー監視(AFM)です。アクティブなファイバー回線間の光伝送の小さな変化を検出することにより、アラームを発生させて、適切なセキュリティ対策を講じることができるようにします。AFM を使用すると、優先度の高いデータをすでに伝送しているアクティブファイバーを戦略的に選択して監視できるため、監視目的に専用のファイバーを追加する必要はありません。

リモートファイバー監視

リモートファイバー監視システムと使うと、中央の場所からダークファイバーを含む光ファイバーネットワーク全体を監視できます。この包括的な方法を使用すると、ネットワークのパフォーマンスを継続的に評価でき、平均修理時間(MTTR)を最小限に抑えることができます。

MTTR は、ファイバー監視および管理システムの全般的な有効性を最もよく網羅する指標です。これは単に、不具合のトラブルシューティングを行い、システムを正常な稼働状態に戻すために必要な平均時間です。修理とトラブルシューティングのプロセスは、「検出」つまり障害の特定プロセスと修理プロセスからなります。大きな破損または曲がりイベントが発生すると、多くの場合、修正を行う前に 4〜5 時間かけて 4〜5 人の作業者が問題を見つけるために派遣されます。リモート監視は、修理プロセスの位置特定部分を 5 分未満に短縮し、リモートで自動的に実行されます。これは通常、修理プロセスの全時間の 30〜40% に相当します。したがって、OTDR テクノロジーを利用したリモートファイバー監視がファイバーの障害を特定する精度は、MTTR を最小限に抑え、ユーザーの満足度を向上させるための 1 つの鍵です。

リモート光ファイバー監視システムによって生成されたアラートメッセージは、SMS や SNMP プロトコルだけでなく、E メールを介しても送信できます。SMS メッセージは、アラームが発生したときに適切なユーザーに自動的にプッシュ送信されるアウトバンドのテキストメッセージです。これにより、監視インターフェイスを常に監督する必要性を最小限に抑えることができます。簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)は、デバイスをリモートで監視し、アラートを中央場所またはホストに中継するために一般的に使用される別の通信ツールです。

ファイバー監視の制限

OTDR テクノロジーの有効性にもかかわらず、光ファイバーリンクにデッドゾーンが存在することは、ファイバー監視の不確実性の潜在的な原因となります。OTDR 測定のデッドゾーンは、ファイバー回線に高反射率のイベントが起こった場合に発生する可能性があります。これは、OTDR 検出器を一時的に飽和させるのに十分なレベルの反射率を生成するエアギャップ、スプライス、またはコネクターが原因で起こる可能性があります。

検出器が飽和状態から回復している間のこの「ブラックアウト」期間中、OTDR はファイバー回線内の他の近くのイベントを正確に識別することができません。これは、既存のスプライスまたは接続の近くで障害状態が発生し、既存の反射源によって新しい問題が目立たなくなる場合に重要になります。

課題にも機会にもつながる可能性のある光ファイバーネットワークのもう 1 つの一般的なコンポーネントは、ダークファイバーの普及です。不吉な響きの名前にもかかわらず、この用語は単に、ネットワーク内の未使用または「点灯されていない」ファイバーの存在を指します。これは、元のキャリアから別の当事者にリースされる光ファイバーケーブルに言及する場合にも使用されることがあります。

このダークファイバーは、特にファイバーが将来の拡張の機会用に指定されている場合、インテグリティを保証するためにテストと監視が必要です。未使用の終端されたファイバーの存在は、監視に有利な場合があります。障害状態は通常、ケーブル内のすべてのファイバーに影響を与えるため、厳選されたダークファイバーを監視することは、アクティブなファイバーを中断することなくケーブルのインテグリティを継続的に検証するための効果的な方法です。

ファイバー監視の未来

光ファイバーケーブルの到達範囲と帯域幅が進歩し続けるにつれて、正確で包括的なファイバー監視システムの必要性も拡大します。パッシブ光ネットワーク(PON)を含む革新的な P2MP ネットワークアーキテクチャにより、少ない消費電力でかつ電気的干渉の可能性を低くして、より多くの FTTH が可能となります。光ファイバーネットワークの複雑さが増加することが予想されているため、ファイバー監視がこれまで以上に重要になります。

短いケーブル配線で OTDR の精度とパフォーマンスを改善し続けるイノベーションは、本質的に光ファイバー監視システムに恩恵をもたらし、ファイバータッパーによって悪用される可能性のあるデッドゾーンやその他のアーティファクトの影響を軽減します。光ファイバーネットワークのセキュリティを維持することは不可欠であるため、将来のファイバー監視テクノロジーは、これらの課題の一歩先を行くために絶えず進化する必要があります。

ファイバーテスト

関連したコンテンツについては、ファイバーテストのページをご覧ください。

遠隔ファイバーテストシステム(RFTS)またはリモートファイバーテストおよび監視システム

遠隔ファイバーテストシステム(RFTS)とは RFTS は、いわゆる「ゆりかごから墓場まで」のファイバーライフサイクルのすべてのフェーズで使用できる遠隔光ファイバーテストシステムです。ネットワークが稼働または「点灯」する前に、こうしたシステムを使用して、PON、DWDM、または CWDM を使用したネットワークでボリュームベースのテストを行い、ファイバーケーブルとネットワーク構築をテストできます。RFTS は、PON ネットワークの交換局または大きなケーブルの端で接続され、すべてのファイバー障害を検出して特定します。システムは、予想されるネットワークインベントリを維持し、ネットワークがテストされるにつれ、実際のインベントリを構築済みインベントリとして記録できます。それは、ネットワークがサービスを開始すると、サービスアクティベーションと監視に使用できます。VIAVI ONMS(光ネットワーク管理ソリューション)ファミリーは、単一のファイバーから、1 日に数百万のオンデマンドテスト、サービス認証試験、および自動監視トランザクションを実行するネットワーク全体のシステムまで、あらゆるタイプのファイバーネットワークに対応します。


2021 Lightwave Innovation Award 4.0

製品

ONMSi Remote Fiber Test System (RFTS)
コア、メトロ、アクセス、および FTTH ネットワーク用の ONMSi 光ネットワークテストおよび監視システム
 SmartOTU
SmartOTUはスタンドアロンのリモートファイバーテストソリューションで、障害を自動的に検出および特定し、ファイバーネットワークを監視します。
市場で最もコンパクトなラックマウント型リモート OTDR テスト装置による光ネットワークの自動監視
OTU-8000 Optical Test Unit
従来方式の OTDR トレースと DTS および DTSS (Distributed Temperature and Strain、温度・ひずみ分散) 測定を行うために広範な OTDR モジュール を使用する、モジュール式ラックマウントの自動 OTDR 。
Micro and Nano iOTDR Cards
Integrated OTDR Remote Fiber Testing Solutions (RFTS) for network elements in a small but mighty form factor
NITRO BI Fiber Insight for ONMSi providing customizable data aggregation and analytics dashboards for your fiber network

詳細を見る

ビデオ

VIAVI Fiber Sensing Solutions

ケーススタディ

Transform Your Data Center Management Process with VIAVI ONMS DCI Monitoring

あらゆるステップでのサポート

VIAVIは、サポート、サービス、総合的なトレーニング、お客様が必要とするリソースを提供しています。これはすべて、お客様のVIAVIへの投資価値を最大化するために当社が日頃より行っていることです。

最適な総所有コスト(TCO)を実現するためにお客様のVIAVIシステムソリューションおよび機器ポートフォリオを補完する付加価値サービス

カスタマーサービスは、商品返品承認(RMA)番号を発行して修理や校正サービスを行います

新製品や既存のツールで作業を行う技術者に向けた技術教育ソリューション、製品トレーニングおよびブレンド型学習

技術支援センターは、製品の活用や設定の支援、製品の性能上の問題に対処します

エキスパートに尋ねる

詳細、価格のお見積りについてお問い合わせください。Viaviのエキスパートがお客様のあらゆる質問にお答えします。