ビットエラーレートテスト(BERT)

VIAVI の最新ビットエラーレートテスター

フィールドでの業務用に世界最小のハンドヘルド 100G ビットエラーレートテスターをお探しの場合でも、ラボで使用する必要がある場合でも、VIAVI ではあらゆるユースケースに対応する正確で使いやすい BERT 機器をご用意しています。

以下のビットエラーレートテストの教育記事に進みます

製品

ハンドヘルド型ネットワーク テスターMTS 5800-100Gは、ネットワーク技術者やエンジニアによるネットワークの敷設やメンテナンスに必要とされる機能を凝縮したオールインワン テスターです。従来のテクノロジーと最新テクノロジーの両方をサポートしており、メトロ/コアやデータセンター相互接続、ビジネスサービステストアプリケーションなどのネットワークアプリケーションに対応します。
MAP-2100
データセンター間または局/ヘッドエンドを接続するネットワークリンクの伝送品質のリモートテストに唯一必要とされるツール
800G FLEX Module
光トランスポート IC 、トランシーバー、モジュール、システムの開発/設計及びシステム検証に対応した高度で様々なテスト要件に対応可能なマルチプロトコル、マルチポートのテストプラットフォーム
ONT 800G FLEX Module
ONT-800 向けの 400G QSFP-DD テストモジュール
SAA
A solution that enables centralized support, on-demand test and live results analysis to support and coach technicians in the field – improving first time install/activation rates while reducing repeats and minimizing time-on-site.

ビットエラーレートテスト

ビットエラーレート(BER)は、間違って受信された送信ビットの量または割合に基づいた通信信号の完全性を示す測定単位です。基本的に、間違ったビット数が多いほど、信号品質に対する影響が大きくなります。ビットエラーレートは、レシーバーとトランスミッタ、およびそれらの間のメディアを含むため、完全な End-to-End パフォーマンスを効果的に示す指標です。

  • ビットエラーレートテスト(BERT)とは。

    ビットエラーレートテスト(BERT)は、光ファイバーネットワーク、イーサネット、またはデータの送信に使用されるその他のシステムの BER を定量化するために使用できます。ビットエラーレートテストを実行するためには、事前に定義されたデータストリームがネットワークリンク入力を介して送信され、受信側のリンクの出力が解析され、特定の時間枠で送信されたビット数に対して検出されるエラー数が評価されます。

    擬似ランダムバイナリーシーケンス(PRBS)を使用して、さまざまなビットパターンを生成することにより、エラーを引き起こす可能性のあるデータ伝送パターンを作成できます。この誘導エラーの高速化は、BER テスト時間を短縮するのに役立ちますが、非稼働中の回線でしか使用できません。独自のネットワークのパフォーマンスを検証する場合でも、顧客またはクライアントのサービスアクティベーションを実行する場合でも、BERT はネットワーク全体の完全性を確保する効果的な方法です。

ビットエラーレートパフォーマンスメトリックス

ビットエラーレートは、エラーで受信されたビット数を、同じ期間内に送信されたビットの総数で除算することによって計算されます。一般的には 10~9 が通信で許容されるビットエラーレートと見なされていますが、データ伝送では、10~13 がより適切な最小 BER です。レートに対する十分な信頼性が確立されている場合は、将来発生するエラーの確率(Pe)として表現することもできます。効果的なビットエラーレートテスターは、サービスアクティベーションテストを実行して、いくつかの重要評価指標(KPI)を提供します。

  • パケット損失

    ビットエラーレートと密接に関連しているのは、パケットエラーレート(PER)です。各パケットは基本的にビットの集合であるため、BER がすべての乗客に対して同じ比率を決定している場合、PER は宛先に到達しないバスの比率に類似したものになります。パケット損失を測定することは重要です。パケット損失が大きいと、サービスの低速化やネットワークの中断を引き起こす可能性があります。パケット損失の原因には、ネットワークの輻輳、デバイスの過剰使用、および旧式のファイアウォールなどのネットワークハードウェアの問題があります。場合によっては、サービス妨害(DoS)攻撃などのセキュリティ問題の主要な指標としてパケット損失が挙げられることもあります。

  • レイテンシ

    ネットワークパフォーマンスにおけるレイテンシは、データがある場所から別の場所に移動する時間に基づいて定量化できる遅延の尺度です。レイテンシが大きいとボトルネックにつながり、VoIP の品質が低下し、一般的に通信が遅くなる可能性があるため、レイテンシは重要な QoS メトリックスです。レイテンシが大きすぎると、TCP ウィンドウの充填が遅くなりすぎる原因となるため、スループットに直接影響を与える可能性もあります。ネットワークレイテンシの原因となる一般的な要因には、ファイバーの実行長、ストレージの遅延、ルーター / スイッチングのエラーなどがあります。

  • ジッター

    レイテンシは一貫していないため、各パケットが開始から終了まで移動するのに要する時間は少し異なります。ジッターとは、ネットワーク上で受信されるデータパケットの遅延の変動を意味します。パケット間で変動が大きすぎると、特に、サーバーがこのジッターを補正してメディアを認識できるようにする必要がある音声およびビデオの伝送には悪影響を及ぼす可能性があります。

    ジッターが大きすぎると、デジタル信号プロセッサ(DSP)の機能を超えて輻輳やパケット損失が発生する可能性があります。これにより、オーディオ信号が途切れたり、ビデオ伝送が画素化されたりすることがあります。

ビットエラーレートテストの重要性

イーサネットネットワークに対する帯域幅とパフォーマンスの要求が日々増加する中、BERT は光ファイバー通信チャネルのビットエラーレートを定量化し、高速サービスアクティベーションの信頼性を確立するために不可欠なものとなっています。BERT は、内部および外部の両方のお客様にとって重要です。

内部ネットワークで BERT テストを実行することにより、特に高レベルのトラフィックを伝送する大規模な回線が展開されている場合、クリーンで効率的な動作を保証できます。さらに、高速ネットワークを購入するお客様は、初日から完璧なパフォーマンスを期待しています。ビットエラーレートテストを使用して、新しいネットワークの動作を認証し、顧客満足度を向上させることができます。

ファイバーネットワークのビットエラーは、減衰、分散、およびその他多数の根本原因によって発生する可能性がありますが、イーサネットエラーチェックおよび修正ルーチンは、ネットワーク固有の物理的な問題を隠す可能性があり、その結果、イーサネットベースの光ファイバーリンクには BERT は必要ないと結論付けられる場合もあります。逆に、ビットエラーの結果再送信されるパケットは、スループットパフォーマンスを事実上低下させ、気付かない内に輻輳の問題を引き起こす可能性があります。ネットワークが最適に機能しているように見えても、ビットエラーレートテストを省略すると、詳細なシステムパフォーマンスの可視性が失われ、アクティベーション前の修正の機会が失われる可能性があります。

ビットエラーレートテストのタイプ

イーサネットおよびサービスアクティベーション方法向けの BERT テストがいくつか開発されており、それぞれに固有の利点と制約があります。一部のテストプロセスは特定のアプリケーションに適していますが、ネットワークリンク QoS より一般的な評価を提供するテストプロセスもあります。

  • BERT テストと RFC 2544

    RFC 2544 テストは IETF によって 1999 年に開発され、ラボ環境でのネットワーク要素のベンチマーク用に使われます。このテスト方法は、プロバイダーが他の標準化されたイーサネットベースのサービスアクティベーションテストを利用できなかったことから、フィールドで使用するために調整されたものです。『ネットワークインターコネクトデバイスのベンチマーク方法(Benchmarking Methodology for Network Interconnect Devices)』には、テストの適切な説明と、OSI モデルでのレイヤー 2 の評価に使用されるテストの用途が記載されています。

    このテストは、スループット、バースト性、フレーム損失、およびレイテンシ KPI を含む、シングルサービスイーサネットおよび IP の業界標準のサービスアクティベーションテストに発展しました。VIAVI の RFC 2544 テストプロトコルの機能追加バージョンでは、テストを同時に実行することで、テスト時間が 66% 短縮されます。

  • Y.1564

    Y.1564 標準はフィールドでの使用を目的として開発され、1 回のテストでイーサネットのサービス内容合意書(SLA)を完全に検証します。Y.1564 は、「トリプルプレイ」とも呼ばれるマルチサービスイーサネットおよび IP の業界標準のサービスアクティベーションテストです。このテストは、OSI モデルのデータリンクレイヤー 2 を介して実行されます。RFC 2544 とは異なり、Y.1564 では、単に最大機能を数値化するのではなく、KPI を期待されるレベルと比較し、1 つの回線上で複数の論理ストリームを個別にテストできます。メトロイサーネットプロトコルフォーラム(MEF)10.2 定義に沿ったテストストリームは、テスト中の実際のネットワークトラフィックシナリオをシミュレートするために使用されます。

  • RFC 6349

    RFC 2544 および Y.1564 は効果的であることが証明されていますが、伝送制御プロトコル(TCP)またはアプリケーションレイヤーでのパフォーマンステストは含んでいません。ほとんどのウェブベースまたはクラウドアプリケーションは TCP 上で実行されることから、IETF RFC 6349 はより高いレベルのテストオプションを提供します。RFC 6349 のメトリックスには、TCP 転送時間、全体の TCP ペイロードバイトに対する再送信の割合である TCP の効率、および TCP 転送中の往復時間(RTT)とネットワーク輻輳なしで確立されたベースラインとを比較する、帯域幅遅延積(BDP)などがあります。

ビットエラーレートテスト機器

BERT テストツールおよび機器の開発は、ラボ環境から製造、フィールドまでのテストプロセスの進行を反映したものです。さまざまな VIAVI のビットエラーレートテスト機器は、業界トップのラボ用テスト機器、ハンドヘルド型およびラック装着型のテスト機器で、この一連のプロセスをサポートします。

ラボでは、エンジニアと科学者は、最先端のネットワーク機器やコンポーネントの開発とテストに必要な汎用性、拡張性、モジュール性を備えたテストソリューションが必要としています。ONT 製品ファミリには、高度な機能を備えたタッチスクリーン GUI を使用して操作できる、幅広いアプリケーションモジュールが組み込まれています。すべての主要な光伝送テクノロジーの開発者は、この柔軟性を活用して、変則的なトラフィックとエラー状態をシミュレートし、最大 400G およびそれ以上で動作する新たに設計されたネットワークコンポーネントを完全に評価することができます。

ONT シリーズを使用することで、新しいネットワーク製品が R&D から本番環境に移行する際に行う高性能なシステム検証テスト(SVT)を容易に実施することができます。電力と自動化のサポートを効率的に使用することにより、ONT ファミリは、低容量から製品ライフサイクル全体に至るまで本番でのテストにも同様に適しています。

  • ハンドヘルド型機器

    ラボでの概念化の段階からフィールドに全面的に導入されるネットワークへの移行まで完了する上で、合否結果を明確に表示するコンパクトで強力なハンドヘルドネットワークテスターを使用することにより、ネットワークと機器のアクティベーションとメンテナンスを確実に行うことができます。

    MTS-5800シリーズは、世界最小のハンドヘルド型 100G オールインワン・ビットエラーレートテスターであり、SAMComplete テストソリューションと組み合わせることで、業界最速の RFC 2544 および Y.1564 サービスアクティベーションテストを実施することもできます。このテスト装置は、RFC 6349 TrueSpeed テストおよびファイバーリンク特性評価や同期テストなどのその他の多数のテストアプリケーションをサポートしています。

    MTS-5800 は、イーサネットの自動サービスアクティベーションにも利用できるハンドヘルド型 10G ネットワークテスターです。MTS シリーズは、マルチタッチ方式のスクリーンとスクリプト付きワークフローにより、フィールドでの効率を最大限に高めるように最適化されています。インターフェイスは、オプションの OTDR、光パワーメーター、およびファイバー端面検査モジュールを使用することにより、優れた拡張性があります。

  • ラック装着型 / ラボ機器

    End-to-End BERT では通常、回線の両端にハンドヘルド測定器をもった作業者が必要です。多くの場合、データセンターでは、このテストを容易に実行するために使用できるリソースが限られています。このような状況で、ラック装着型のビットエラーレートテスト機器を使用すれば、回線の一方の端からのみでテストを実行できます。MAG-2100 テスターは、1G~100G の回線速度でのリモート無人イーサネットテスト用に最適化されています。BERT は、必要に応じて完全にリモートで実行することもできます。各ロケーションで MAP-2100 を使用し、セキュアな通信チャネルを介してテストを実行します。

ビットエラーレートテストのチュートリアル

テストを完了することは困難で非常に複雑なプロセスだと思われがちですが、ビットエラーレートテストの利点は多くあります。VIAVI は、事前に定義されたテストルーチンと設定を作成することにより、BER テストをより簡単で迅速、かつ直感的に実行できるようにしました。次の BERT チュートリアルと資料を使用すると、テスト環境をさらにシームレスにすることができます。

  • ビットエラーレートテストのウェビナー

    VIAVI が開発した最先端の機能追加と利点を強調するために、各標準テストのソリューション概要をご用意しています。RFC 2544 イーサネットサービスアクティベーションのテストコンポーネントには、同時テストプロセス、長期的な「ソーク」テスト、および基本的なスループットと接続性を評価する統合 J-QuickCheck プレテストなどがあります。

    Y.1564 テストのソリューション概要では、テスト時間を短縮するための 100% の帯域幅構成テスト、実際のトラフィックシミュレーション用の現実的なトリプルプレイエミュレーション、柔軟性を高めるために使用可能なさまざまなループバックを強調しています。SAMComplete テストスイートは、自動化され効率的な TCP スループットテストをサポートするために、Y.1564 と RFC 6349 の同時テストで使用できる唯一のソリューションも提供します。 

  • ビットエラーレート技術文献

    ビットエラーレートテストのベストプラクティスとイーサネットのサービスアクティベーションに関するエキスパートによる解説とガイダンスは、VIAVI が提供する無料のウェビナーシリーズでご覧いただけます。これらのウェビナーでは、テクノロジーに関する詳細な説明や、専門分野のエキスパートからしか得られない知見に富んだ最新のアドバイスを提供します。

ビットエラーレートテストは必要ですか。

End-to-End のネットワークパフォーマンステストから得られる貴重な経験的結果は、かつては製造に必要な時間、機器、および人員を同程度に必要としましたが、これはもはや当てはまりません。自動化されたテストルーチン、使いやすいコンパクトな機器、効率を最大化する革新的なテストプロトコルにより、かつて BERT テストを選択的なアクティビティにしていた障害は取り除かれました。高パフォーマンスのネットワークと非常に満足したお客様は、今後何年にもわたって生きるビットエラーレートテストの疑う余地のない利点です。

詳細を見る

リューションの概要

RFC 6349 Testing with TrueSpeed™

リューションの概要

Multi-Service Y.1564 SAMComplete

リューションの概要

Single-Service Enhanced RFC 2544

あらゆるステップでのサポート

VIAVIは、サポート、サービス、総合的なトレーニング、お客様が必要とするリソースを提供しています。これはすべて、お客様のVIAVIへの投資価値を最大化するために当社が日頃より行っていることです。

最適な総所有コスト(TCO)を実現するためにお客様のVIAVIシステムソリューションおよび機器ポートフォリオを補完する付加価値サービス

カスタマーサービスは、商品返品承認(RMA)番号を発行して修理や校正サービスを行います

新製品や既存のツールで作業を行う技術者に向けた技術教育ソリューション、製品トレーニングおよびブレンド型学習

技術支援センターは、製品の活用や設定の支援、製品の性能上の問題に対処します

エキスパートに尋ねる

詳細、価格のお見積りについてお問い合わせください。Viaviのエキスパートがお客様のあらゆる質問にお答えします。