DWDM OTDR モジュール – CellAdvisor 5G、MTS-2000、-4000 V2、-5800、および OneAdvisor-800 プラットフォーム用 4100 シリーズ

インサービスの DWDM ファイバーネットワークの展開、メンテナンス、トラブルシューティングのための DWDM OTDR テストソリューション

4100-Series DWDM Module

DWDM の詳細については、DWDM リソースページをご参照ください • テストプロセスの自動化(TPA)の詳細を見ます。


VIAVI DWDM OTDR ソリューションを使用すると、完全な End-to-End のリンク特性評価とトラブルシューティングを、運用中の DWDM およびハイブリッド CWDM/DWDM ネットワークに対して行うことができます。C-RAN およびモバイルフロントホールネットワーク、ケーブルテレビのパッシブ DWDM ネットワークといった次世代 FTTH ネットワークを扱うケーブル、モバイル、固定通信事業者に最適の OTDR です。OTDR テストの詳細を見る。

利点

  • メトロおよびアクセス DWDM ネットワークの認定とトラブルシューティングを行うための高性能なシングルエンドテストツール
  • ネットワーク構築中に最初から適切な展開を実現します。
  • WaveScan® で DWDM ポートチャネル/リンクを自動的に識別してテストします。
  • SFP 保護により、トランシーバーの偶発的な破損を防止します。
  • アクティブチャネルのトラフィックを中断せずに、障害のあるリンクをトラブルシューティングします。
  • 簡単なセットアップメニューとオプションのスマートリンクマッパー(SLM)のアプリケーションで簡単に操作できるため、OTDR トレースの解釈エラーを回避できます。
  • VIAVI イーサネット/CPRI MTS-5800 ネットワークテストソリューションと接続することで、フィールド作業者用の包括的なキットを提供します。
  • VIAVI CWDM OTDR モジュールと組み合わせることで、ハイブリッド CWDM/DWDM ネットワーク向けの包括的なソリューションを提供します。 

アプリケーション

  • サービスターンアップ前に内蔵チューナブルレーザー光源で End-to-End の連続接続性を検証
  • 運用中のチャンネル通信を妨害することなく、新しい DWDM 波長ルートをテスト
  • インサービスリンクの障害とその正確な位置の特定

主な特徴

  • C バンドのチューナブル DWDM OTDR、C62~C12(1527.99nm~1567.95nm/196.20~191.20 THz)
  • ITU-T 規格のグリッドに基づく 50GHz/100GHz/200GHz のチャンネル間隔
  • アクセスおよびメトロアプリケーション用の 44dB ダイナミックレンジ
  • 変調機能を持つ C バンド内蔵チューナブルレーザー光源
  • スマートリンクマッパー(SLM)オプション(スプライス、コネクター、MUX/DEMUX とのファイバーのリンクをアイコン表示)
  •  MTS-2000、-4000、–4000 V2、-5800 プラットフォームと互換

Part of The VIAVI Remote PHY Solution

This product is part of the comprehensive VIAVI Remote PHY turn-up and maintenance solution enabling seamless transitions from legacy to distributed access architectures.

まずはスタート

製品デモに興味がおありですか? 詳細、価格のお見積り、ご購入方法についてお問い合わせください。