基地局の設置とコミッショニング

基地局の設置とコミッショニング VIAVI Solutions なら初回で正しく実行

基地局設置用の VIAVI 計測器の目的は、作業を容易にし、支払いを早く受け取れるようにすることにあります。

FTTA の敷設と構築

適切な敷設には、すべての物理コンポーネントの仕様に基づくテストと、フロントホールおよびバックホール接続全体の検証が必要です。

VIAVI の FTTA (Fiber-To-The-Antenna) 敷設ソリューションは、お客様に以下の利点をもたらします。

  • 基地局の受け入れおよび立ち上げの迅速化
  • お客様の体感品質 (QoE) の向上
  • 将来のトラブルシューティングおよびダウンタイム時間の短縮
  • ファイバー検査とクリーニング

    検査用マイクロスコープからビジュアルフォルトロケータ (VFL) まで、高い評価を受けている VIAVI のファイバーテストソリューションはどの光ファイバー技術者にも不可欠です。
  • CellAdvisor ケーブルおよびアンテナアナライザ

    スイープテスト、RF/ 光パワー測定、ファイバー検査のための堅牢で軽量な「オールインワン」ツールです。

  • 基地局設置のポスター

    基地局設置の主要ステップを確認できます。

C-RAN の配備

C-RAN (Centralized RAN) の登場によって、設置時のテストはさらに複雑さを増しています。ファイバー敷設を増やすことなくバックホールおよびフロントホール容量を拡張する戦略として一般的に使用されているのは、CWDM (Coarse Wavelength-Division Multiplexing) および DWDM (Dense Wavelength-Division Multiplexing) の両方の波長分割多重方式です。VIAVI の CWDM および DWDM 検証ソリューションにより、物理層のファイバーを検査・トラブルシューティングできるばかりでなく、CPRI や OBSAI、イーサネットサービスのテストも行うことができます。

VIAVI の C-RAN 配備ソリューションは技術者に以下のような利点をもたらします:

  • 運用中のチャンネル通信を妨害することなく、新しい DWDM 波長ルートをテストし、障害箇所を特定
  • CWDM/DWDM のハイブリッドネットワークの適格性を総合的に評価し、トラブルシューティングを実施

各種情報/資料

製品およびソリューションの概要
ポスター/チャート
ポスター/チャート
ポスター/チャート
アプリケーションノート
製品およびソリューションの概要
製品およびソリューションの概要

Viaviはお客様のためにあります

詳細、価格のお見積り、製品デモビデオの視聴等についてお問い合わせください。Viaviはお客様の成功のお手伝いをします。