CellAdvisor基地局アナライザJD745B/JD785B (Discontinued)

RFoCPRI採用のCellAdvisor基地局アナライザは、クラウド対応の堅牢でポータブルな測定器で、デュアルポート機能、ケーブルとアンテナ/スペクトラム/干渉/信号/復調およびRF/光パワーメーター、ファイバー点検(オプション)機能を提供します。

This product has been discontinued.

This product has been discontinued

Please consider this product instead:

CellAdvisor™基地局アナライザのJD745B、JD785Bはセルサイトの設置およびメンテナンスに最適なツールです。

あらゆるセルサイトを効果的にテストするための機能すべてを提供する包括的なソリューションです。 スペクトラム分析やケーブルおよびアンテナ分析、パワーメーター、干渉分析、チャンネルスキャナー、RFoCPRI™、信号解析機能などがまとめられています。

CellAdvisor基地局アナライザーは、厳しいセルサイト環境での使用に最適な堅牢設計です。 バックライト付きキーパネルによって、暗い場所でもメンテナンス作業を実施できます。

JD745BJD785B
スペクトラムアナライザ​100 kHz ~4 GHz​9 kHz ~8 GHz​
ケーブル/アンテナアナライザ5 MHz ~4 GHz​5 MHz ~6 GHz​
パワーメータ10 MHz ~4 GHz​10 Mhz ~8 GHz​


CellAdvisorベースステーションアナライザは、厳しいセルサイト環境でも使用できるように、堅牢設計です。 バックライト付キーパネルによって、暗い場所でもメンテナンスタスクを実行することができます。

利点

  • 8GHzまでのスペクトラム解析
  • 1つのプラットフォームに複数の機能を実装
  • LTE-Aキャリアアグリゲーション
  • LTE自動測定
  • MIMO 4X4
  • PIM検出
  • マルチメディアブロードキャスト、マルチキャストサービス解析
  • CPRI上のRF測定
  • デュアルスペクトラム表示
  • 潜在的なRF問題の通知
  • 信号品質を確保することにより付加価値サービスの保証
  • ボタン1つの操作による規格に基づく無線信号測定
  • アップグレードが容易で、将来にわたる機能拡張が可能

アプリケーション

  • LTEをはじめとするあらゆるワイヤレス技術の復調が可能
  • 1つのサマリー画面にRFと変調解析を表示する使いやすい自動測定機能
  • ファイバー検査
  • CPRI上での干渉解析およびPIM検出
  • CPRI上でのフロントホールおよびRRH検証

主要機能

  • 8GHzまでのスペクトラムアナライザ
  • 2Gから4Gまでのあらゆるワイヤレス技術に対応したシグナルアナライザ
  • LTE-Aキャリアアグリゲーション
  • MIMO 4X4
  • PIM検出
  • MBMS解析
  • CPRIフロントホールに対するレイヤー2終端と監視
  • CPRIフロントホール上での干渉解析
  • CPRIフロントホール上でのPIM検出
  • デュアル スペクトラム表示
  • 干渉アナライザ
  • チャンネルスキャナー
  • ケーブル・アンテナアナライザー
  • RFパワーメーター(内部および外部)
  • OTA測定(Over-the-Air Measurement)
  • 100メートル範囲内のBluetoothリモートコントロール
  • VIAVI StrataSyncによるクラウド対応
  • ユニークな光パワーメーター(専用USBアクセサリー付き)
  • P5000iマイクロスコープによるファイバー点検

All of our CellAdvisor models are rugged and portable, and offer cloud-enabled centralized management through StratasyncTM.

Choose the model that’s right for you using the chart below.

 Base Station Analyzer Signal Analyzer RF Analyzer Cable and Antenna Analyzer
Spectrum AnalysisYYY-
Cable & Antenna Analysis Y-YY
Insertion Gain/Loss OptionalOptionalOptionalY*
RFoCPRI OptionalOptionalOptional-
RFoOBSAIOptionalOptionalOptional-
Interference Analysis OptionalOptionalOptional-
Signal Analysis OptionalOptional--
PIM Detection YYY-
T1/E1 AnalysisOptional---
DAS Test YY--
Bluetooth OptionalOptionalOptionalOptional
RF Power YYYY
Optical Power YYYY
Fiber Inspection YYYY
Cloud Services OptionalOptionalOptionalOptional

*depends on model

アプリケーションノート

パンフレット

ケーススタディ

データシート

マニュアルおよびユーザーガイド

オファー

ポスター

クイックリファレンス

選択ガイド

サービス

ソフトウェアおよびファームウェアのリリース

トレーニング

ホワイトペーパーおよび書籍

Instrument Care Support Plans

Save up the 50% of standard service prices and obtain priority service when you buy a bundled plan at the same time the instrument is purchased. Care Support Plans offer the best way to purchase extended warranty, premium technical support, self-paced training, and critical maintenance services like calibration services that include software and engineering change order update services to ensure your product is maintained with current software and a calibration certificate. These discounted plans are 2-5 years long when purchased upfront with your VIAVI instruments.


VIAVI Care Support

VIAVI Care Support

サービスBronzeCareSilverCareMaxCareGoldCareFleetCare
 BronzeCareSilverCareMaxCareGoldCareFleetCare
技術アシストプレミアムプレミアムプレミアムプレミアムプレミアム
工場修理

標準サービス + カスタムメニュー:
 オンサイトでの校正およびトレーニング、FAE 日、
カスタムエンジニアリングまたはソフトウェアサブスクリプション

優先サービス
自分のペースでのトレーニング

5 年間のバッテリーとバッグの保証*

 
工場出荷時の校正 

アクセサリの保証

  
緊急貸し出しサービス  

* 5 年プランのみ

バッテリー/バッグ交換保証
バッテリーやバッグは、日常的な使用や充電サイクルにより消耗します。これらのために作業が滞ることがないよう、当社の 5 年間プランにはその全期間にわたる交換も含まれています。

VIAVI は、5 年間 SilverCare または MaxCare サポートプラン期間内に劣化したバッテリーおよび摩耗したソフトバッグ/手袋の単回交換を提供しています。この交換は、測定器が修理または校正サービスのために VIAVI に返却された際に行われます。ハードケースはこの対象ではなく、またバッグ/バッテリーなしで販売された測定器も対象外です。

この保証は、5 年間の SilverCare および MaxCare プランに含まれます。

MaxCare アクセサリ交換保証
測定器製品には、アクセサリケーブルとコネクターチップが同梱されています。信頼性が高く正確なテストを行い、引き続き良好なテスト結果を確保できるよう、年に 1 つのアクセサリの交換を保証しています。

アクセサリに欠陥があるか故障していると判断されると、VIAVI は独自の裁量でアクセサリを無償で修理するか交換します。交換アクセサリは新品または再生品です。返品されたアクセサリはすべて VIAVI の所有物となります。以下の制限が適用されます:各 12 か月間に交換できるアクセサリの数は 1 つだけで、対象となるアクセサリは測定器の操作に不可欠と見なされ、製品購入時に同梱されていたものに限定されます。アクセサリについて懸念がある場合や、校正または修理のために VIAVI に返却する際の送料はお客様の負担となります。

緊急貸し出しサービス
ダウンタイムなしの校正計画や修理計画を立てることができます。 緊急貸し出しサービスでは、校正や緊急修理が必要な場合、お使いの機器をお送りいただく前の段階で同じ設定の機器をご提供します。


ケアサポートプラン - CellAdvisor

Care Support Plan - CellAdvisor

製品タイプ推奨プランBronzeCareSilverCareMaxCare校正する理由は?
  BronzeCareSilverCareMaxCare 
CellAdvisor 5G(CA5000)Silver-5

この製品を校正する理由は?
共通の問題は?

この製品を校正する理由は?

スペクトラムアナライザは周波数を測定しますが、仕様を満たすためには測定値が正確でなければなりません。

Factory standards to ensure accuracy

精度を保証する工場規格

VIAVI は、計測器が工場出荷時と同様の正確な測定機能を持つことが認証されるよう、TL9000 工場規格に合わせて校正を行います。 校正されていない計測器は信頼性の低い測定値を表示し、テストに誤った合否結果が生じた結果、多くの場合チームが繰り返し作業を行うことになります。 VIAVI は、すべてのファイバーコネクターをメンテナンス、研磨、クリーニングし、製品内部のピッグテール接続を修正して、すべてのポートが正常に動作するようにします。また、ソフトウェア/ファームウェアを最新の承認済みリリースにアップグレードして、機能強化を実現します。VIAVI ケアプランは、計測器の購入時に安い割引価格で校正を計画的に行うための最も費用効果の高い方法ですが、後日別の注文書で固定料金の校正サービスを購入することもできます。

  • 校正およびサービス内容合意書、ネットワークテスト手順の ISO および TL 規格を満たす正確な測定値を保証します。
  • サービス帯域幅、速度、および サービス品質(QoS)を検証するために必要なフルラインレートテストレートに達しないなどの問題を回避するために、すべてのテスト送信信号が適切に動作することを保証します。
  • ポートとコネクターを保守して、テスト送信を正常に動作させ、計測器の寿命を延ばします。例えば、光コネクターとレーザーに問題がある場合、または何年にもわたる接続サイクルの後、電気/RF インターフェイスポートが緩んでいる場合、OTDR、TDR、および無線周波数の測定は正常に動作しません。
  • 認証が必要なネットワーク構築、導入、およびアクティベーション作業を行う場合、すべてのネットワークコンポーネントは、通常、光ファイバーケーブル製造業者などの製造業者からの保証を維持するために、認証された校正済み計測器を使用してテストする必要があります。 
  • 測定仕様を満たすには、正確な RF 周波数と光波長が不可欠です。 これらを使用してネットワーク要素、パワーレベル、伝送速度を検証する場合、規格外のツールを使用すると、ネットワーク要素および信号の検証ができなくなります。

校正されていないと、測定値にどのような影響が出ますか?

  • 測定のやり直しのため技術者派遣の繰り返し
    誤った測定値により、正しくないネットワーク設定がなされる可能性がある
  • 真の問題を切り離すことができないため、トラブルシューティング時間が増える。

What are the most common implications of these issues to the business?

これらの問題がビジネスに与える最も一般的な影響は何ですか。

  • 校正されていないツールは、信頼性の低い測定結果を生み出します。この測定結果は仕様に適合していると認証できないため、お客様やネットワーク機器ベンダーとのサービス内容合意書または ISO/TL9000 規格に違反する可能性があります。
  • QoS 認証が不正確で、繰り返しテストが必要になる場合があります。誤った結果のために、多くの場合、コントラクターは報酬を得られないか、承認されたサービスサプライヤから除外されることになります。
  • ケーブル供給業者(Corning、Commscope、Belden など)からの完全なメーカー 保証(20~30 年間) は、設置が校正済みの計測器で認証されている場合にのみ与えられます。そのため、ネットワーク所有者は、高価なケーブル配線や光ネットワーク要素などの保証を維持・実施するために、正しい設置認証手順を遵守することに意欲的です。

一般的なビジネスへの影響には以下があります。

  • 収益の損失、顧客からの苦情、コストの増加: 
  • ほとんどのネットワークオペレータは、下請け業者が繰り返し行った作業をトラッキングおよび監査しており、こうした場合、請求に関して紛争が発生することがよくあります。 不正確なテスト結果の割合が高いコントラクターは、通常、SLA 契約や品質メトリックスを満たしていない場合、ほとんどまたはまったく雇用されません。   
  • ネットワークオペレータの場合、顧客とのサービス品質の問題を繰り返すと、追加コスト、顧客の不満、ビジネスの喪失の原因となることがよくあります。  

例:

OTN/SONET/SDH/E1/T1 と、さまざまな FTTX、DOCIS、xDSL の測定について見てみましょう。 フルラインレート(1G、10G、40G、100G)に到達して、サービスパフォーマンスとサービスエラーレートをテストすることが重要です。 校正されていないテスターがテスト中にフルラインレートに到達できない場合、顧客がすぐに苦情を引き起こすような最適でないパフォーマンスのままにされるか、技術者が存在しない幻のネットワーク問題を追跡することになる可能性があります。

CellAdvisor JD72xCSilver-5

この製品を校正する理由は?
共通の問題は?

この製品を校正する理由は?

ケーブルおよびアンテナアナライザは周波数を測定しますが、仕様を満たすためには測定値が正確でなければなりません。オープン/ショートロード校正は、測定前にお客様が実行する必要があります。

Factory standards to ensure accuracy

精度を保証する工場規格

VIAVI は、計測器が工場出荷時と同様の正確な測定機能を持つことが認証されるよう、TL9000 工場規格に合わせて校正を行います。 校正されていない計測器は信頼性の低い測定値を表示し、テストに誤った合否結果が生じた結果、多くの場合チームが繰り返し作業を行うことになります。 VIAVI は、すべてのファイバーコネクターをメンテナンス、研磨、クリーニングし、製品内部のピッグテール接続を修正して、すべてのポートが正常に動作するようにします。また、ソフトウェア/ファームウェアを最新の承認済みリリースにアップグレードして、機能強化を実現します。VIAVI ケアプランは、計測器の購入時に安い割引価格で校正を計画的に行うための最も費用効果の高い方法ですが、後日別の注文書で固定料金の校正サービスを購入することもできます。

  • 校正およびサービス内容合意書、ネットワークテスト手順の ISO および TL 規格を満たす正確な測定値を保証します。
  • サービス帯域幅、速度、および サービス品質(QoS)を検証するために必要なフルラインレートテストレートに達しないなどの問題を回避するために、すべてのテスト送信信号が適切に動作することを保証します。
  • ポートとコネクターを保守して、テスト送信を正常に動作させ、計測器の寿命を延ばします。例えば、光コネクターとレーザーに問題がある場合、または何年にもわたる接続サイクルの後、電気/RF インターフェイスポートが緩んでいる場合、OTDR、TDR、および無線周波数の測定は正常に動作しません。
  • 認証が必要なネットワーク構築、導入、およびアクティベーション作業を行う場合、すべてのネットワークコンポーネントは、通常、光ファイバーケーブル製造業者などの製造業者からの保証を維持するために、認証された校正済み計測器を使用してテストする必要があります。 
  • 測定仕様を満たすには、正確な RF 周波数と光波長が不可欠です。 これらを使用してネットワーク要素、パワーレベル、伝送速度を検証する場合、規格外のツールを使用すると、ネットワーク要素および信号の検証ができなくなります。

校正されていないと、測定値にどのような影響が出ますか?

  • 測定のやり直しのため技術者派遣の繰り返し
  • 誤った測定値は誤ったネットワーク設定につながる
  • 真の問題を切り離すことができないため、トラブルシューティング時間が増える

What are the most common implications of these issues to the business?

これらの問題がビジネスに与える最も一般的な影響は何ですか。

  • 校正されていないツールは、信頼性の低い測定結果を生み出します。この測定結果は仕様に適合していると認証できないため、お客様やネットワーク機器ベンダーとのサービス内容合意書または ISO/TL9000 規格に違反する可能性があります。
  • QoS 認証が不正確で、繰り返しテストが必要になる場合があります。誤った結果のために、多くの場合、コントラクターは報酬を得られないか、承認されたサービスサプライヤから除外されることになります。
  • ケーブル供給業者(Corning、Commscope、Belden など)からの完全なメーカー 保証(20~30 年間) は、設置が校正済みの計測器で認証されている場合にのみ与えられます。そのため、ネットワーク所有者は、高価なケーブル配線や光ネットワーク要素などの保証を維持・実施するために、正しい設置認証手順を遵守することに意欲的です。

一般的なビジネスへの影響には以下があります。

  • 収益の損失、顧客からの苦情、コストの増加: 
  • ほとんどのネットワークオペレータは、下請け業者が繰り返し行った作業をトラッキングおよび監査しており、こうした場合、請求に関して紛争が発生することがよくあります。 不正確なテスト結果の割合が高いコントラクターは、通常、SLA 契約や品質メトリックスを満たしていない場合、ほとんどまたはまったく雇用されません。   
  • ネットワークオペレータの場合、顧客とのサービス品質の問題を繰り返すと、追加コスト、顧客の不満、ビジネスの喪失の原因となることがよくあります。  

例:

OTN/SONET/SDH/E1/T1 と、さまざまな FTTX、DOCIS、xDSL の測定について見てみましょう。 フルラインレート(1G、10G、40G、100G)に到達して、サービスパフォーマンスとサービスエラーレートをテストすることが重要です。 校正されていないテスターがテスト中にフルラインレートに到達できない場合、顧客がすぐに苦情を引き起こすような最適でないパフォーマンスのままにされるか、技術者が存在しない幻のネットワーク問題を追跡することになる可能性があります。

CellAdvisor JD7xxBSilver-5

この製品を校正する理由は?
共通の問題は?

この製品を校正する理由は?

スペクトラムアナライザは周波数を測定しますが、仕様を満たすためには測定値が正確でなければなりません。

Factory standards to ensure accuracy

精度を保証する工場規格

VIAVI は、計測器が工場出荷時と同様の正確な測定機能を持つことが認証されるよう、TL9000 工場規格に合わせて校正を行います。 校正されていない計測器は信頼性の低い測定値を表示し、テストに誤った合否結果が生じた結果、多くの場合チームが繰り返し作業を行うことになります。 VIAVI は、すべてのファイバーコネクターをメンテナンス、研磨、クリーニングし、製品内部のピッグテール接続を修正して、すべてのポートが正常に動作するようにします。また、ソフトウェア/ファームウェアを最新の承認済みリリースにアップグレードして、機能強化を実現します。VIAVI ケアプランは、計測器の購入時に安い割引価格で校正を計画的に行うための最も費用効果の高い方法ですが、後日別の注文書で固定料金の校正サービスを購入することもできます。

  • 校正およびサービス内容合意書、ネットワークテスト手順の ISO および TL 規格を満たす正確な測定値を保証します。
  • サービス帯域幅、速度、および サービス品質(QoS)を検証するために必要なフルラインレートテストレートに達しないなどの問題を回避するために、すべてのテスト送信信号が適切に動作することを保証します。
  • ポートとコネクターを保守して、テスト送信を正常に動作させ、計測器の寿命を延ばします。例えば、光コネクターとレーザーに問題がある場合、または何年にもわたる接続サイクルの後、電気/RF インターフェイスポートが緩んでいる場合、OTDR、TDR、および無線周波数の測定は正常に動作しません。
  • 認証が必要なネットワーク構築、導入、およびアクティベーション作業を行う場合、すべてのネットワークコンポーネントは、通常、光ファイバーケーブル製造業者などの製造業者からの保証を維持するために、認証された校正済み計測器を使用してテストする必要があります。 
  • 測定仕様を満たすには、正確な RF 周波数と光波長が不可欠です。 これらを使用してネットワーク要素、パワーレベル、伝送速度を検証する場合、規格外のツールを使用すると、ネットワーク要素および信号の検証ができなくなります。

校正されていないと、測定値にどのような影響が出ますか?

  • 測定のやり直しのため技術者派遣の繰り返し
  • 誤った測定値は誤ったネットワーク設定につながる
  • 真の問題を切り離すことができないため、トラブルシューティング時間が増える

What are the most common implications of these issues to the business?

これらの問題がビジネスに与える最も一般的な影響は何ですか。

  • 校正されていないツールは、信頼性の低い測定結果を生み出します。この測定結果は仕様に適合していると認証できないため、お客様やネットワーク機器ベンダーとのサービス内容合意書または ISO/TL9000 規格に違反する可能性があります。
  • QoS 認証が不正確で、繰り返しテストが必要になる場合があります。誤った結果のために、多くの場合、コントラクターは報酬を得られないか、承認されたサービスサプライヤから除外されることになります。
  • ケーブル供給業者(Corning、Commscope、Belden など)からの完全なメーカー 保証(20~30 年間) は、設置が校正済みの計測器で認証されている場合にのみ与えられます。そのため、ネットワーク所有者は、高価なケーブル配線や光ネットワーク要素などの保証を維持・実施するために、正しい設置認証手順を遵守することに意欲的です。

一般的なビジネスへの影響には以下があります。

  • 収益の損失、顧客からの苦情、コストの増加: 
  • ほとんどのネットワークオペレータは、下請け業者が繰り返し行った作業をトラッキングおよび監査しており、こうした場合、請求に関して紛争が発生することがよくあります。 不正確なテスト結果の割合が高いコントラクターは、通常、SLA 契約や品質メトリックスを満たしていない場合、ほとんどまたはまったく雇用されません。   
  • ネットワークオペレータの場合、顧客とのサービス品質の問題を繰り返すと、追加コスト、顧客の不満、ビジネスの喪失の原因となることがよくあります。  

例:

OTN/SONET/SDH/E1/T1 と、さまざまな FTTX、DOCIS、xDSL の測定について見てみましょう。 フルラインレート(1G、10G、40G、100G)に到達して、サービスパフォーマンスとサービスエラーレートをテストすることが重要です。 校正されていないテスターがテスト中にフルラインレートに到達できない場合、顧客がすぐに苦情を引き起こすような最適でないパフォーマンスのままにされるか、技術者が存在しない幻のネットワーク問題を追跡することになる可能性があります。


VIAVI Care Support for Existing Equipment

FleetCare
FleetCare

FleetCare plans can be customized to include any service entitlements on your fleet of existing equipment. Please fill out a Service Contracts form for a quote.

  • Any collection instruments with a single coterminous renewal date
  • Each contract is customized with any number of annual terms required by the customer
  • Onsite Calibration, Training, Field Application Engineer days can be added

View Support Plans For Existing Equipment


Repair and Calibration

Our products live in rugged environments for over 10 years with 1000s of test connect/disconnect cycles.  We will be there to support you to ensure components that require maintenance like connectors, batteries, and software updates to ensure you are ready to test accurately for years to come. We apply factory procedures that use fast, automated calibration and functional verification, maintenance using OEM parts and the application of all engineering change orders and software updates. Services are available through contract Care plans, FleetCare or per incident as requests. 

Top 4 Reasons to Choose VIAVI for Your Repair and Calibration Needs:

  • Minimize business disruption
  • Budget
  • Measurement Accuracy and Product Reliability
  • Measurement Compliance, TL9000 certification and OEM Standards

Explore More


Product Training Options

Self-Paced Online Training and Certification

Learn to use the functionality and features of VIAVI Solutions' products online, 24 hours a day, 7 days a week followed by a certification test upon completion of all modules.

 Self-Paced Online Training and Certification

Virtual Classroom and Certification

Instructor led Coursework: Learn from an expert Instructor from the convenience of your desk. Build your skill sets using VIAVI Solutions products to test various technologies with test and certification upon completion.

On-Site Classroom and Live Lab Workshops with Certifications

On-Site Classroom and Live Lab Workshops with Certifications

Instructor led Coursework: Build expertise using your VIAVI products in live lab exercises with test and certification upon completion. Utilize optional workshop days for field test on your network with your instructor.

Mentorship Consulting & System Admin Training

Instruments: Mentorship Test Procedure Consultation: Application Engineer Days. One of our test experts will come to your site and conduct testing with your team to troubleshoot stubborn problems or write up test procedures.

Explore More


当社では、他の PIM テスターでは検出されなかった PIM の問題を抱えていました。PIM は無線機器の内部の問題であり、アンテナシステム内部の問題ではありませんでした。CellAdvisor JD785 がなかったら、このことに気付かなかったでしょう。すばらしい!

Engineer

Tier One Service Provider

まずはスタート

製品デモに興味がおありですか? 詳細、価格のお見積り、ご購入方法についてお問い合わせください。