XPERTrak カスタマー QoE 保証およびプロアクティブなネットワーク保守システム

重要度順に問題を解決する

今日、ダッシュボードのインジケータを赤く点灯させるシステムは数多くありますが、それを緑に変える知見とツールを与えてくれるのは XPERTrak™ だけです。

XPERTrak

プラント漏洩検出やフィールドメーターとのやりとりなど、検出・問題解決の統合ツールによって迅速に問題に対処し、顧客への影響の大きさに基づいてプラントの問題を優先付けすることで、顧客離れが起きる前に契約回線に潜む危険性を発見することができます。仮想化システムにより、DOCSIS 3.1 やリモート PHY など新 HFC テクノロジーへの移行が簡単になり、重要な HFC メンテナンス機能を継続できます。 

VIAVI が提供する XPERTrak は、離脱のリスクの高い契約者に重点を置いて設計された業界をリードするリターンパス監視システムの次のステップです。XPERTrak は、構築されたネットワーク要素とオプションの VIAVI 漏れ検出システム(信号漏れ)、PathTrak ハードウェアからのデータを相互に関連付けることで、HFC プラント性能の QoE に基づく所見を作成します。XPERTrak の中核は、DAA/リモート PHY などの新技術を考慮して設計された仮想化のサポートです。XPERTrak は、基礎となるプラントアーキテクチャやサービス提供機器のベンダーに関係なく、今日および将来のフットプリント全体にわたって一貫したサービスレベル測定と優れた問題検出・解決機能を提供するニュートラルなソリューションです。

利点

  • 契約者の潜在的な危険性に注目することで最も重要な問題を解決
  • 顧客離れが起きる前に、問題の発生場所と解決方法を把握 
  • エンジニアの派遣を一件ごとに適切に実施することで MTTR を短縮し、OPEX を削減 
  • 顧客からのクレーム電話を削減 
  • 既存のプラントからの帯域幅を最大化することでノード分割を保留 
  • ベンダー / アーキテクチャに束縛されないアプローチによる DAA へのシームレスな移行 

主な特徴

  • 包括的な DOCSIS 3.1 のサポート 
  • 顧客離れのリスクに基づく優先度の管理 
  • 1 つのソリョーションでのサービス保証と現場での問題検出・解決 
  • R-Phy スイープを含む、PathTrack ハードウェアとネットワーク要素の統合の完全サポート 
  • 統合 PNM ソリューションによる HFC の上り、下りおよび一般家庭の問題点の解明 
  • システム全体にわたる一貫したネットワーク性能評価、ベンダー中立 
  • PathTrak ハードウェア、PNM、体感品質(QoE)、漏れ検出、フィールドメーターとのやりとりのシームレスな統合 

BTR Awards VIAVI with 4.5 Diamonds

  • 障害のあるノードと離脱のリスクのある契約者を見つける

    XPERTrak サービスダッシュボードは、調整可能な QoE メトリックスを使用し、通信事業者システム内の性能がひどく劣っているノードを可視化します。ノードレベルのロールアップがドリルダウン粒度で契約者ごとの QoE メトリックスを表示します。トレンディング表示では、慢性的な問題と単発的な問題とを素早く見極めることができ、アラーム状態表示では即時の対処が必要なノードにフラグが立てられます。これによりサービス上の問題が契約者からの電話の前に特定でき、サービスへの影響度に基づく優先順位で修理を行うことができます

    XPERTrak
  • 顧客側の問題と障害の関連付け

    最悪ノードを示すだけでなく、XPERTrack は影響を受けた契約者を検出されたプラント障害に関連付け、顧客 QoE (体感品質)の改善を最大化し、顧客離れを回避するためにはどの問題に対処すべきかを示します。VIAVI では、数十年の経験に基づいて障害の適切な関連付けおよび対応する是正措置を定めています。このため、現場での広範囲の現場診断をしなくても、適切なタイミングで適切なエンジニアを派遣し、問題を是正することができます。現場エンジニアが通常使用するツール上で QoE メトリックスをいつでも利用できることで、修理によって単に物理層上の問題が改善されたことだけでなく、顧客への悪影響が間違いなく解消されたことを確認できます。

    XPERTrak
  • フィールドでの検出と修復プロセスを完全にサポート

    トラックロールの出動場プラントが分かっても、そのプラントでの問題を検出して修復する必要があります。上り回線のイングレスは作業者が対処しなければならない最も一般的な問題で、PathTrak ハードウェアサポートを介して XPERTrak はこのプロセスを加速するためにベストインクラスのライブスペクトラムアナライザを提供します。フィールドビュー機能を使用して一人でのワークフローを可能にすることで、作業者は VIAVI フィールドメーターで現場のスペクトラムと全体のスペクトラムを両方見ることができます。モバイルフレンドリーな表示であるため、スペクトラムおよび他の XPERTrak 機能に、それらが最も必要な場所であるフィールドですぐにアクセスできます。仮想スペクトラムおよび QAMTrak アナライザは、一般的なプロセスとレガシーおよび DAA ノードのユーザーインターフェイスを使用して、DAA 移行時のクリティカルなリアルタイムテスト機能の連続性を提供します。VIAVI 漏れ検出システム統合により、PNM により識別された問題の最終位置検出を含む、フィールドでの検出と修復作業をさらに加速できます。PathTrak は 20 年以上前からフィールドでの検出と修復用の頼りになるツールとしての評判を確立しており、XPERTrak がこの伝統を引き継いで拡張しています。

    ONX CATV XPTSeeker X
  • DAA/リモート PHY への移行を簡素化

    リモート PHY など分散アクセスアーキテクチャ (DAA) は、HFC 監視と保守作業に影響します。ほとんどの MSO は複数タイプの DAA の導入および複数ベンダーの使用を計画しており、通常 5 年余かかる移行期間中に、この多くの異種機器が混在する環境でネットワークを監視および保守する標準プロセスを確立することは困難でしょう。XPERTrak は、レガシーノードに使用されているのと同じフィールドメーターおよびプロセスを使用したライブスペクトラムおよび QAM 解析、監視/警告、性能履歴、スイープなど、上り回線機能テストの継続性を提供します。今日 PathTrak を使用して従来型ノードの保守やトラブルシューティングを行っているエンジニアは、新たなトレーニングやプロセス変更なしに XPERTrak で DAA にシームレスに移行できます。

    ONXDAADAA
  • DOCSIS 3.1 監視およびトラブルシューティングの完全な可視性

    DOCSIS 3.1 は、プラントの正常性の可視性を著しく向上させ、XPERTTrak はこれらの利点をフルに活用した初のソリューションです。DOCSIS 3.1 メトリックスは、既存の XPERTrak QoE 監視アルゴリズムと織り交ぜられており、通信事業者のネットワークにおける最大の顧客離れリスクを作り出している問題の最も正確な特定が可能です。サマリー表示により、OFDM プロファイル配布に基づくネットワーク正常性を素早く把握でき、プロアクティブな対応ができ、オプションの DOCSIS 3.1 アナライザを使ってモデムごとの問題のオンデマンドでのトラブルシューティングが可能になります。PathTrak ハードウェアの活用により、ヒートマップスペクトラム解析が提供され、イングレス修正の一般的なタスクにおいてより広い OFDM-A キャリアが作り出す課題に対応できます。DOCSIS 3.1 ネットワークを効果的に監視、保守、トラブルシューティングするために必要な機能全部を提供できるのは XPERTrak のみです。

    XPERTrakDOCSIS 3.1 Analyzer

Part of The VIAVI Remote PHY Solution

This product is part of the comprehensive VIAVI Remote PHY turn-up and maintenance solution enabling seamless transitions from legacy to distributed access architectures.

まずはスタート

製品デモに興味がおありですか? 詳細、価格のお見積り、ご購入方法についてお問い合わせください。